ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 戸籍・住民票・証明 > マイナンバーカード・公的個人認証 > マイナンバーカードの交付、マイナンバー(個人番号)の通知方法のお知らせ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 戸籍・住民票・証明 > 住民票 > マイナンバーカードの交付、マイナンバー(個人番号)の通知方法のお知らせ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 戸籍・住民票・証明 > 外国人住民 > マイナンバーカードの交付、マイナンバー(個人番号)の通知方法のお知らせ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > くらしのメニュー > 申請・届出 > マイナンバーカードの交付、マイナンバー(個人番号)の通知方法のお知らせ

本文

マイナンバーカードの交付、マイナンバー(個人番号)の通知方法のお知らせ

印刷用ページを表示する 更新日:2021年7月15日

令和3年8月のマイナンバー関係の日曜開庁日は1日及び8日になります

 令和3年8月のマイナンバーカード関係の日曜開庁日はネットワークの関係上、1日及び8日になります。
 令和3年8月1日はマイナンバーカード関係のお手続き(マイナンバーカードの交付、電子証明書の更新)のみとなりますのでご注意ください。
 事前にご予約されていない方はお受けできませんので予めご了承ください。
 予約は下記リンクまたは電話(60-1147)にて行ってください。
 マイナンバーカード予約サイト(外部リンク)

マイナンバーカード時間外窓口の日時が変更になりました

 令和3年6月1日から時間外及び日曜開庁が以下のとおりに変更になりました。
 事前予約をしていただかないと受付することができませんので予めご了承ください。

  ・平日時間外 毎週火曜日 17時00分~20時00分
  ・日曜開庁 第2・4日曜日 9時00分~12時00分 13時00分~16時00分
 ※令和3年8月はネットワークの関係により、8月1日及び8月8日となります。

マイナンバーカードを交付しています

   交付準備ができた方に対して順次、個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼通知書(交付通知書)でお知らせしています。
   電話で予約の上、必ず申請者ご本人が市役所までお越しください。本人がお越しできない場合は、市民課にご相談ください。  

受取の際、お持ちいただくもの

  マイナンバーカードの受取は、ご本人に市民課窓口へ直接お越しいただき、交付しています。

  • 交付通知書
  • 通知カード(お持ちの方のみ)
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  • 本人確認書類
     (運転免許証、住民基本台帳カード、パスポート、在留カードなど写真付の官公庁が発行したものは1点  これらをお持ちでない方は、健康保険証と年金証書、社員証、学生証、預金通帳、介護保険証など2点)   

受付時間

 マイナンバーカードの交付は、事前予約いただいた方を優先してご案内しています。受付時間は下記のとおりです。
「要予約」の時間帯に受け取る場合は、必ず事前予約をしてください。事前予約をしていない場合は、受付することができません。
 事前予約は下記リンク先か電話で行ってください。

マイナンバーカード予約サイト(外部リンク)

受付時間 平日(月曜日・水曜日・木曜日・金曜日)平日(火曜日)毎月第2・4日曜日(※)
 
午前9時から正午要予約
午後1時から午後5時 
午後1時から午後4時  要予約
午後5時から午後8時 要予約 

※令和3年8月はネットワークの関係により、8月1日及び8月8日となります。

マイナンバーカードはどのように申請するの?

交付申請書のイメージ画像(1) 郵送やスマートフォンで申請する方法 
 通知カードに同封されていた個人番号カード交付申請書に必要事項を記入し押印のうえ、身分証明用の顔写真(4.5cm×3.5cm)を貼り付けて下記の宛先に郵送で申請するか、スマートフォンなどで申請書のQRコードを読み取り、インターネットから申請してください。

 郵送する場合は、通知カードに同封されていた返信用封筒か、マイナンバーカード総合サイト(外部サイト)の返信用封筒材料をダウンロードし、郵送してください。返信用封筒を使用して郵送すれば、郵送料はかかりません。

申請者自身で切手を貼って送付する場合は、下記送付先に郵送してください。

〒219-8650
日本郵便株式会社 川崎東郵便局 郵便私書箱第2号
地方公共団体情報システム機構
個人番号カード交付申請書受付センター 宛

 申請方法の詳細は、マイナンバーカード総合サイトで紹介していますので、ご参考にしてください。

マイナンバーカード総合サイトで紹介している申請方法(外部サイト)

   申請後、約2か月でマイナンバーカードが作成されます。マイナンバーカードを交付する準備ができた方に向けて、市役所市民課から交付通知書を送付します。
 受け取る際には、交付通知書、通知カード、運転免許証などの本人確認書類をお持ちいただき、事前に電話予約の上、市役所市民課でお受け取りください。

(2) 市役所市民課窓口で申請する方法
 申請者ご本人が市役所市民課窓口にお越しいただいた上で、通知カード(お持ちの方のみ)と運転免許証などの本人確認書類をお持ちいただければ、市役所市民課窓口で顔写真を撮影し、申請することができます。
 この方法で申請いただいたマイナンバーカードについては、後日、申請後約2か月で本人限定受取郵便で受け取れます。

令和2年10月からマイナンバーカード窓口申請の予約を始めています

 予約は下記のリンク先か電話で行ってください。
 マイナンバーカード予約サイト(外部リンク)

動画による申請方法の紹介

 申請方法を動画(ユーチューブ)で紹介しています。袖ケ浦市公式チャンネル(ユーチューブ)へのリンク(外部リンク)

マイナンバーカードを申請していない方に、交付申請書が送付されます

 令和2年12月下旬から順次、マイナンバーカードを申請していない方に、申請用のQRコードが記載された交付申請書が送付されます。
 交付申請書が届きましたら、お持ちのスマートフォンまたは市役所市民課窓口で申請が可能です。

マイナンバーカードに設定する暗証番号 

マイナンバーカードを交付する際に、暗証番号を4種類設定します。

(1) 署名用電子証明書暗証番号(英数字6文字から16文字)
 e-Tax(インターネットでの確定申告)の手続きなどで使用します。
(2) 利用者証明用電子証明書暗証番号(数字4文字)
 コンビニ交付サービス、マイナポイントの設定で使用します。
(3) 住民基本台帳用暗証番号(数字4文字)
 住所や氏名が変更したとき、市区町村の窓口で使用します。
(4) 券面事項入力補助用暗証番号(数字4文字)
 e-Tax(インターネットでの確定申告)の手続きなどで使用します。

(2)から(4)はすべて同じ数字4文字の暗証番号でも構いません。

電子証明書について

 マイナンバーカードには「署名用電子証明書」と「利用者証明用電子証明書」という2種類の電子証明書が搭載されています。電子証明書の詳細については、公的個人認証ポータルサイト(外部サイト)で紹介しています。
 電子証明書の有効期限は、発行から5回目の誕生日です。電子証明書の有効期限を迎える方に対し、水色の封筒で、地方公共団体情報システム機構(J-Lis)から「電子証明書の有効期限通知書」を送付しています。有効期限通知書の詳細については、マイナンバーカード総合サイト(外部サイト)で紹介しています。
 封筒が届きましたら、マイナンバーカードと封筒をお持ちいただき、窓口で電子証明書の更新手続きをお願いします。受付時間はマイナンバーカードの交付と同じ下記の時間帯で行っています。電話で事前予約いただいた方を優先してご案内しています。

「要予約」の時間帯は、必ず事前予約をしてください。事前予約をしていない場合は、受付することができません。
事前予約は
マイナンバーカード予約サイト(外部リンク)または電話で行ってください。

受付時間 平日(月曜日・水曜日・木曜日・金曜日)平日(火曜日)毎月第2・4日曜日(※)
 
午前9時から正午要予約
午後1時から午後5時 
午後1時から午後4時  要予約
午後5時から午後8時 要予約 

※令和3年8月はネットワークの関係により、8月1日及び8月8日となります。

署名用電子証明書

 e-Taxの確定申告など、文書を伴う電子申請等に利用できる電子証明書です。
 有効期間内であっても、住所や氏名等に異動があった場合は、署名用電子証明書が自動的に失効します。
 15歳未満の方及び成年被後見人の方には、「署名用電子証明書」は発行されません。

利用者証明用電子証明書

 インターネットを閲覧する際などに、利用者本人であることを証明する仕組みで、コンビニ交付サービス、マイナポータルのログイン等、本人であることの認証手段として利用できます。
 個人番号カードが失効した場合は、利用者証明用電子証明書も同時に失効します。

マイナンバーカードでe-Taxを行う際に必要なもの

・マイナンバーカード
・ICカードリーダーライタ
・パソコン(利用者クライアントソフトが利用できるOSが搭載されていることが必要です。)

 利用者クライアントソフトとは、公的個人認証サービスを利用した行政手続き等を行うときに、マイナンバーカード及び住民基本台帳カード(ICカード)に記録された電子証明書を利用するためのソフトウェアです。また、e-Taxにご自身の署名用電子証明書を登録する必要があります。

 その他、マイナンバーカードの読み取りに対応しているスマートフォンを用いてe-Taxで手続きを行う場合は、国税電子申告・納税システムのホームページ(外部サイト)をご確認ください。

 マイナンバーカードに対応したICカードリーダーライタの一覧、また利用者クライアントソフトについては、公的個人認証ポータルサイト(外部サイト)にお問い合わせください。

マイナンバー(個人番号)の通知方法について

 令和2年5月25日以降に、初めて住民票を登録する方は、「個人番号通知書」により、マイナンバー(個人番号)が簡易書留で通知されます。個人番号通知書は再発行することができません。
 個人番号通知書の詳細については、マイナンバーカード総合サイト(外部サイト)で紹介しています。

個人番号通知書

通知カードは廃止されました

 令和2年5月25日(月曜日)に、通知カードが廃止されました。通知カード廃止後は以下の取扱いとなるため、ご注意ください。

廃止後の通知カードの取扱い

 通知カード廃止後は、通知カードに関する以下の手続きが出来なくなります。

  • 氏名、住所などの記載事項の変更手続き
  • 通知カードの再交付手続き

 現在通知カードをお持ちの方は、氏名や住所などに変更がない限り、引き続き使用することができます。通知カードに記載されたマイナンバーは、引き続き使用する番号ですので紛失しないようにご注意ください。

通知カード廃止後に個人番号を確認する方法

 通知カード廃止後は、通知カードの再交付はできません。既にマイナンバーが付番されている方で、マイナンバーが分からなくなってしまった場合は、以下の方法で確認してください。

  • 顔写真入りマイナンバーカードの申請
  • マイナンバー入りの住民票の写しの発行(広域交付住民票を含む) 

マイナンバーカードを利用したコンビニ交付サービスを開始しています

 令和2年3月から、マイナンバーカードを利用した証明書のコンビニ交付サービスを開始しています。取得できる証明書や利用できる時間については、市民課のコンビニ交付サービスのページをご確認ください。

問い合わせ

 制度について

 コールセンター(フリーダイヤル)
 電話0120-95-0178
 電話0120-0178-26(外国語対応)

マイナンバーカードの交付、具体的な申請方法など

 市役所 市民課
 電話0438-60-1147