ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 魅力・観光 > 袖ケ浦を知る > 歴史・文化 > 袖ケ浦市教育委員会 > 掘った!見つけた!袖ケ浦の遺跡(打越岱遺跡)
ホーム > 分類でさがす > 魅力・観光 > 袖ケ浦に行く・遊ぶ > 文化・生涯学習 > 袖ケ浦市教育委員会 > 掘った!見つけた!袖ケ浦の遺跡(打越岱遺跡)

掘った!見つけた!袖ケ浦の遺跡(打越岱遺跡)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月4日

打越岱遺跡から発見された縄文時代早期の土偶

 上泉(かみいずみ)地区に所在する打越岱遺跡(うちこしだいいせき)から縄文時代早期中葉(ちゅうよう)沈線文期(ちんせんもんき、今から約9,500年前)の土偶(どぐう)が、ほぼ完全な形で発見されました(下の写真)。
 全国的に見ても沈線文期の土偶の出土例は非常に少なく、しかもほぼ完全に近い形で発見されたものは今のところ知られていないことから、縄文時代の土偶を考える上でとても重要な発見となります。


土偶の写真
      

     (写真 左から、表面、側面、裏面)

打越岱遺跡から出土した縄文時代早期の土偶 [PDFファイル/2.68MB]

                             

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)