ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

学校体育の紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月1日

1.学校体育指導研修会

 小中学校は生涯体育の基礎づくりとして重要な発育発達段階にあり、小学校では「器用な体つくり」を、中学校では「たくましい体つくり」を目指すといった観点では、将来補い難い要素を多分に有している時期です。
 そこで、小中学校体育・保健体育科指導の充実、指導者の資質の向上を図るために、意図的・計画的・継続的に体育や保健の研修を実施し、指導力を高めることをねらいとして、本事業を行っています。
小学校では、実技研修会1回もしくは授業研究会1回、または2回。
中学校では、各校1回の授業研究会(保健学習の授業研究会を5校のうち、1校は必ず実施。保健学習推進のため)
 小中学校教員の指導能力を高めるために、小学校は年間2回、中学校は年間1回ずつ、それぞれの課題に応じた内容で研修会を開催しています。全体研修会は1回実施します。

平成29年度「学校体育指導研修会」小学校実施実績 
 月 日曜日対象校形態内  容講  師参加人数
18月21日長浦小実技器械運動(跳び箱運動)元袖ケ浦市立平川中学校26
13時30分~16時30分 校長 渡邊 護 先生
28月21日根形小実技陸上運動(ハードル走)木更津市立木更津第二中学校19
15時30分~16時30分 教諭 川上 滋也 先生
38月25日奈良輪小実技ボール運動袖ケ浦市立蔵波小学校16
(ネット型・ソフトバレーボール)教諭 野崎 俊洋 先生
49月7日中川小実技器械器具を使っての運動遊び元袖ケ浦市立平川中学校20
 校長 渡邊 護 先生
59月14日平岡小実技器械器具を使っての運動遊び元袖ケ浦市立平川中学校21
 校長 渡邊 護 先生
610月30日蔵波小実技ボール運動君津市教育委員会教育センター主査兼学校教育課指導主事42
ネット・ゴール・ベースボール型   青木 利徳 先生
87月13日平岡小授業第6学年 水泳袖ケ浦市立根形小学校20
13時45分~14時30分授業者 石峯玄規 教諭教頭 鈴木 靖彦 先生
910月19日中川小授業第2学年
    器具や器械を使っての運動遊び
元袖ケ浦市立平川中学校20
13時55分~14時35分授業者 東海林岳太 教諭校長 渡邊 護 先生
1011月6日根形小授業第5学年 器械運動
      (鉄棒運動)
袖ケ浦市立根形中学校20
13時45分~14時30分授業者  教諭 成澤祐生 教諭教諭 鈴木 廣 先生
1111月16日蔵波小授業第4学年 ボール運動
     (アルティメット)
富津市立大貫中学校40
13時45分~14時30分授業者 野崎 俊洋 教諭教頭 保坂 典江 先生
1212月5日昭和小授業第2学年
    器具や器械を使っての運動遊び
袖ケ浦市立根形小学校31
13時45分~14時30分授業者 山田 恵一 教諭教頭 鈴木 靖彦 先生
1312月20日奈良輪小授業第3学年 ボール運動
   (ネット型ゲーム) 
袖ケ浦市立蔵波小学校16
14時30分~15時15分授業者 志賀 勇人 教諭教頭 野崎 俊洋 先生
142月15日長浦小授業第5学年 器械運動(跳び箱運動)元袖ケ浦市立平川中学校30
13時40分~14時25分授業者 飯島 奨 教諭校長 渡邊 護 先生
平成29年度「学校体育指導研修会」中学校実施実績 
 月 日曜日対象校形態内  容講  師参加人数
111月1日昭和中授業武道「剣道」元袖ケ浦市立平川中学校36
13時10分~15時10分授業者 在原 浩美 教諭校長 渡邊 護 先生
211月29日長浦中授業保健蔵波中学校3
9時30分~11時20分授業者 緒形 暢昭 教諭教諭 田端 絹子 先生
39月20日根形中授業武道「剣道」体育振興課3
9時30分~11時20分授業者 高橋 宏基 講師課長 林 健司 先生
411月22日平川中授業陸上競技「長距離走」体育振興課2
8時40分~9時30分授業者 太田 賢志 教諭課長 林 健司 先生
511月16日蔵波中授業ダンス「創作ダンス」市総合教育センター指導員5
9時40分~11時30分授業者 油布実佐子 教諭軽米 満世 先生
平成29年度「学校体育指導研修会」小学校実施実績 
 月 日曜日対象校形態内  容講  師参加人数
11月10日全体講義・演習年間計画の立て方・考え方体育振興課19
15時00分~16時30分 課長 林 健司 先生
        
      参加合計人数389

全体研修内容

・体育授業の基礎的基本的な考え方と指導方法について
・体力向上への取り組みについて
・新学習指導要領に即した指導と評価について
・体育科・保健体育科の年間計画について
・各種単元での技能づくり、体力づくりについて
・保健教育について
・オリンピック、パラリンピック教育について

2.学校体育指導資料集

   「シングルエイジを鍛える体育授業」の活用
   平成20年度に小学校教員向けの体育指導集を作成しました。
   各校へ配布し、活用しています。(不足分は、毎年追加配布しています)

3.レッツトライ!スポーツ教室(少年スポーツ振興対策事業)

   市内中学生を対象に、11種目(陸上・卓球・バスケットボール・バレーボール・ソフトテニス・柔道・剣道・野球・サッカー・ソフトボール・水泳)のスポーツ教室を開催し、生徒の技術向上と指導者の指導力向上を図っています。

平成29年度事業実績

平成29年度レッツトライ!スポーツ教室の実績

 

種  目

実施事業内容

実施日時

講   師

実施会場

参加人数・備考

1

陸 上

・支部陸上大会出場者対象の種目別練習

5月13日(土曜日)

9時00分~12時00分

君津地方中学校教員

市体育協会陸上専門部

市営陸上競技場

雨天のため中止

2

卓 球

・1年生対象の基礎基本練習

5月28日(日曜日)

13時00分~16時00分

講師長 小川幸男

講師補助 市卓球専門部

長浦中学校

 

参加生徒59名

指導・協力者40名

3

水 泳

・水泳記録会出場者対象の基本練習

・スタート、ターン

6月10日(土曜日)

6月18日(日曜日)

13時30分~16時30分

講師 市水泳専門部

臨海スポーツセンター水泳場

参加生徒10名

指導・協力者4名

4

柔 道

 

・寝技

・立ち技

・投げ技

10月14日(土曜日)
9時00分~12時00分

 

講師長 進藤正視

講師 地域連携指導者、市柔道専門部

袖ヶ浦高校

参加生徒29名

指導・協力者10名 

5

バスケットボール女子

・ファンダメンタル

・合わせの動き

・ディフェンス

10月14日(土曜日)

14時00分~16時30分

委託 翔凛高等学校

講師 重信将吾

補助 同校バスケットボール部員

蔵波中学校

参加生徒54名

指導・協力者18名

6

バレーボール男子

 

・体力トレーニング

・パス、レシーブ

・ポジション別練習

10月15日(日曜日)

13時00分~16時00分

委託 東海大付属市原望洋高等学校

講師 井出治男、森裕貴

補助 同校バレーボール部員

昭和中学校

参加生徒14名

指導・協力者23名

7

剣 道

 

・心構え

・基本的な技能練習

・足さばき

・筋力トレーニング

11月4日(土曜日)

9時00分~12時00分

 

委託 千葉県立京葉高等学校

講師長 軽米拓麿

補助 同校剣道部員

講師 地域連携指導員、市剣道専門部

根形中学校

参加生徒50名

指導・協力者18名

 

8

バレーボール女子

 

・ステップ

・パス

・ポジション別練習

11月23日(祝)

9時00分~16時00分

委託 敬愛学園高等学校

講師 上原典人、釜井涼子

補助 同校バレーボール部員

蔵波中学校

参加生徒71名

指導・協力者36名

9

バスケットボール男子

・ボールコントロール

・ショット

・1対1

12月2日(土曜日)

13時30分~16時30分

委託 木更津総合高等学校

講師 柳本真之、井口達也 

補助 同校バスケットボール部員

木更津総合高校

参加生徒58名

指導・協力者29名

10

ソフトボール

 

・基本技能(捕る・投げる)

・ポジション別練習

12月3日(日曜日)

9時00分~12時00分

 

委託 県ソフトボール協会

講師 鈴木恒行、鈴木英都巴 

補助 千葉クラブ(成年女子チーム)

今井野球場

 

参加生徒28名

指導・協力者15名

11

野 球

・体力トレーニング

・ポジション別練習

・バッティング

12月17日(日曜日)

9時00分~12時00分

 

委託 千葉県立袖ヶ浦高等学校

講師 渡慶次学、槌屋大河

補助 同校硬式野球部員

市営野球場

 

参加生徒59名

指導・協力者65名

12

ソフトテニス

・ストローク練習

・ボレー練習

・ポジション別練習

1月21日(日曜日)

9時00分~16時00分

委託 木更津総合高等学校

講師 男:東慎一郎

   女:熱田和博、相川隼将

補助 同校男女ソフトテニス部員

男:木更津総合高校

女:市営テニス場

参加生徒68名(男)

    92名(女)

指導・協力者42名

13

サッカー

・基本技能練習

・グループ戦術

・ゲーム形式練習

2月17日(土曜日)

9時00分~12時00分

 

 

委託 千葉県立天羽高等学校

講師長 佐藤誓哉

補助 同校サッカー部員

講師 長谷川賢史、岩崎直

   清水岳秋、渋谷亮介

のぞみ野

サッカー場

参加生徒82名

指導・協力者30名

生徒合計 674名  指導・協力者合計 330名 

4.中学校武道教育推進事業 

平成24年度より中学校の保健体育科授業で武道教育が必修化となり、市では各中学校に柔道・剣道の専門的な指導力を備えた地域連携指導者を派遣し、保健体育科担当教員の指導支援を行っています。必修化から6年間、武道教育において大きな事故・怪我なく生徒たちは安心して武道の授業にのぞんでいます。

今年度の派遣にあたり、4月23日に地域連携指導者として、下記の11名の方へ、教育長から委嘱状を交付しました。今年度も地域連携指導者の協力のもと、安全で効果的な武道指導の充実を図ります。5月から2月の期間において、各校の計画に沿って、武道の授業が展開されます。

 

指導者氏名

種目

支援年数

登 録 期 間

1

みうら としお

柔道

7

平成30年4月1日~

平成31年3月31日

三浦 利夫

2

すずき  あきお

柔道

7

平成30年4月1日~

平成31年3月31日

鈴木 晟夫

3

おぬま  たけし

柔道

7

平成30年4月1日~

平成31年3月31日

小沼 武志

4

せきぐち かずま

剣道

7

平成30年4月1日~

平成31年3月31日

関口 一眞

5

うちうみ しげみ

剣道

7

平成30年4月1日~

平成31年3月31日

内海 茂美

6

かとう としゆき

剣道

5

平成30年4月1日~

平成31年3月31日

加藤 敏行

7

でぐち すすむ

剣道

7

平成30年4月1日~

平成31年3月31日

出口 進

8

いしかわ つねみ

剣道

7

平成30年4月1日~

平成31年3月31日

石川 恒美

9

かるこめ みつよ

剣道

7

平成30年4月1日~

平成31年3月31日

軽米 満世

10

おおつき りょうきょう

剣道

7

平成30年4月1日~

平成31年3月31日

大槻 良教

11

おばた つとむ

剣道

7

平成30年4月1日~

平成31年3月31日

小幡 勉

武道教育地域連携指導者の先生方
武道教育地域連携指導者の先生方

柔道の授業実践の様子 剣道の授業実践の様子
柔道の授業実践の様子                 剣道の授業実践の様子

5.オリンピック・パラリンピック経験者派遣

袖ケ浦市では、子どもたちのスポーツへの関心を高めるとともに、2020年東京オリンピック・パラリンピックへの機運の醸成を図るため、市内全小中学校にオリンピック・パラリンピックを経験したアスリートを派遣し、児童生徒が身近に触れ合い学べる機会を提供しています。

平成28年度の派遣実績

学校名

派遣選手

種目、主な結果

実施日

内容

蔵波中学校

花岡伸和さん

陸上マラソン

・アテネパラリンピックマラソンT54 6位

・ロンドンパラリンピック同種目5位

7月15日(金曜日)

講演

実演

体験

根形中学校

堀籠佳宏さん

陸上短距離

・全日本実業団400m4連覇

・北京オリンピック

4×400mR日本代表

9月29日(木曜日)

実技

講演

平川中学校

谷本歩美さん

柔道63kg級

・アテネオリンピック金メダル

・カイロ世界選手権銀メダル

・リオデジャネイロ世界選手権銅メダル

・北京オリンピック金メダル

11月15日(水曜日)

講演

実演

長浦中学校

尾崎好美さん

マラソン

・世界陸上ベルリン大会2位

・世界陸上テグ大会日本代表

・ロンドンオリンピック日本代表

11月29日(火曜日)

講演

実演指導

昭和中学校

官野一彦さん

ウィルチェアラグビー

・2007年日本代表選出

・ロンドンパラリンピック日本代表4位

・リオデジャネイロパラリンピック日本代表銅メダル

12月1日(木曜日)

市長特別表彰

講演

実演

体験

平成29年度の派遣実績

学校名

派遣選手

種目、主な結果

実施日

内容

平岡小学校

官野一彦さん

ウィルチェアラグビー日本代表

・ロンドンパラリンピック 4位 

・リオデジャネイロパラリンピック 銅メダル

9月5日(火曜日)

講演

実演

根形小学校

新竹優子さん

体操日本代表

・北京五輪 団体5位

・ロンドン五輪 団体8位

10月4日(水曜日)

講演

実技指導

長浦小学校

早狩美紀さん

陸上(中距離走)日本代表

・3000m障害走日本記録保持者

・ヘルシンキ世界陸上出場

・北京五輪出場

・ベルリン世界陸上出場

・広州アジア選手権銅メダル

・神戸アジア選手権金メダル

10月10日(火曜日)

講演

実演

奈良輪小学校

中瀬卓也さん

体操日本代表

・シュトゥットガルト世界選手権

団体銀メダル

・北京五輪 団体銀メダル

11月2日(木曜日)

講演

実演

蔵波小学校

高平慎士さん

陸上(短距離走)日本代表

・アテネ五輪 4×100mR 4位

      200m出場

・北京五輪 4×100mR銅メダル

      200m出場

・ロンドン五輪 4×100mR4位

 200m出場(準決勝進出)

11月7日(火曜日)

講演

実演

中川小学校

大島めぐみさん

陸上(長距離走)日本代表

・シドニー五輪 5000m出場

・アテネ五輪 10000m13位

・ヘルシンキ世界陸上 マラソン団体銀メダル

11月14日(火曜日)

講演

実演

昭和小学校

千葉真子さん

陸上(長距離走)日本代表

・アトランタ五輪 10000m5位

・アテネ世界陸上 10000m銅メダル

・パリ世界陸上 マラソン銅メダル

1月16日(火曜日)

講演

実演

今年度は、中学校5校にパラリンピアンを派遣し、障がい者スポーツへの理解を深めるとともに、東京オリンピック・パラリンピックへの機運醸成を図ります。

6.オリンピック・パラリンピック教育

袖ケ浦市では、オリンピック・パラリンピック教育を推進しています。

オリンピック・パラリンピック教育とは

オリンピック・パラリンピックを題材にして、

(1)スポーツの意義や価値等に対する国民の理解・関心の向上

(2)障がい者を含めた多くの国民の、幼少期から高齢期までの生涯を通じたスポーツへの主体的な参画(「する」、「見る」、「支える」、「調べる」、「創る」)の定着・拡大

(3)児童生徒をはじめとした若者に対する、これからの社会に求められる資質・能力等の育成の推進を図るものとしています。

(平成28年7月スポーツ庁「オリンピック・パラリンピック教育に関する有識者会議」における「オリンピック・パラリンピック教育の推進に向けて(最終報告)」より)

千葉県では「千葉県オリンピック・パラリンピックを活用した教育の取組方針」が作成され、目指す児童・生徒の姿を4つのプロジェクトとして以下のように整理しています。

プロジェクト

おもてなし

心のバリアフリー

スポーツ

グローバル

目指す児童生徒の姿

ボランティアに積極的に参加する意欲を持ち、温かいおもてなしができる児童生徒の育成

共生社会の形成者にふさわしい、障がいのある人や高齢者等を含めた他者を理解する児童生徒の育成

生涯を通じて、スポーツに親しみ、スポーツの楽しさや感動を分かち合う児童生徒の育成

時刻の歴史伝統文化について理解を深め、他国の歴史や文化、言語について学び、世界を舞台に活躍する児童生徒の育成

平成30年度蔵波中学校が県オリンピック・パラリンピック教育推進校に指定

今年度、蔵波中学校では千葉県が進める4つのプロジェクトを学校の教育活動に取り入れて、実践を進めていきます。具体的には、既存の学校教育で実践していたことに、オリンピック・パラリンピック教育の要素を加えた取り組みとなります。

特に、今年度は「ちばアクアラインマラソン2018」が開催され、「おもてなしプロジェクト」の1つとして、生徒の主体的な大会への参画が期待されます。その他、様々な教育活動が実践されます。

今年度の蔵波中学校の実践をもとに、来年度以降は市内各校でオリンピック・パラリンピック教育が実践されるようになります。