ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

耐震改修の実例

印刷用ページを表示する 更新日:2020年4月1日

耐震改修の実例を紹介します―どんな工事をするのか?

工事のポイントは以下のとおりです。

A 耐震性のある壁に補強する

B 耐震性のある壁をバランスよく配置する

C 金物を取り付ける

D 基礎を補強、新設する

工事例 A 耐震性のある壁に補強する 筋かい設置や面材補強の方法があります

1

2

3

4

壁補強前の写真壁下地の写真面材打ち付けの写真壁補強後の写真
工事前

補強する壁を剥がします。

定められた釘やビス間隔で面材を打ち付けます。壁紙を張替えて完了です。

工事例 B 耐震性のある壁をバランスよく配置する
既存壁の補強のみならず、新規に壁を造る方法もあります

1

2

窓改修前の写真窓改修後の写真
工事前開口幅を狭め、柱を追加し壁を新規に造りました。

工事例 C 金物を取り付ける 柱頭柱脚や筋かいに所定の金物を設置します

柱金物

筋かい金物と柱金物

柱脚金物の写真柱頭金物の写真筋かい金物と柱金物(下)の写真筋かい金物と柱金物(上)の写真
柱脚側柱頭側筋かい下側筋かい上側

工事例 D 基礎を補強、新設する
補強する壁直下に基礎がない場合、新設する必要があります

1

2

3

基礎工事前の写真基礎配筋の写真基礎打設の写真基礎工事完了の写真

土台が割れています。また、補強する壁の土台下に基礎がない状態です。

割れた土台を新規に取り換え、その下に基礎を打設します。その際、アンカーボルトを設置することで土台と基礎を一体化させます。

更に柱金物を設置して土台と柱を緊結させます。これで柱、土台、基礎が一体化します。