ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 戸籍・住民票・証明 > 戸籍 > 住民票等についてよくある質問
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 戸籍・住民票・証明 > 住民票 > 住民票等についてよくある質問

住民票等についてよくある質問

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月2日

 よくある質問

Q.平日の昼間は忙しくて、なかなか住民票や印鑑登録証明書を取りに行けません。夕方や、土曜・日曜に住民票などがとれるサービスはありませんか。      

A.火曜日と休日に住民票や印鑑登録証明書の時間外交付を行っています。

 平日の日中は忙しくて市役所に行けない方などのために、住民票や印鑑登録証明書の時間外交付を行っています。
 平日の開庁時間内(午前8時30分から午後5時15分)に電話でご予約いただくと、平日は火曜日のみ午後5時15分から午後7時まで、また土曜日・日曜日・祝日は午前9時から午後5時までの間に、市役所および平川・長浦行政センターで受け取ることができます。
 このサービスを受けたい場合、火曜日の夜間であれば受け取りたい日の開庁時間内(午前8時30分~午後5時15分)、土曜・日曜・祝日であれば休前日の開庁時間内(平日の午前8時30分から午後5時15分)に、証明を受け取りたいところへ直接電話してください。

  • 袖ケ浦市役所市民課(電話62-2111)
  • 平川行政センター(電話75-3111)
  • 長浦行政センター(電話62-5711)

 なお、印鑑証明の場合は電話するときにカード(印鑑登録証)の番号が必要です。受け取るときにも必ずカードをお持ちください。

▼戸籍の証明は時間外では交付できません。

▼第2・第4日曜日は、市役所にて住民票や戸籍謄・抄本等の交付業務や印鑑登録等を行っています。

※2020年3月から時間外交付の交付日が変更となり、平日の夜間の受け取りは火曜日のみとなりました。詳細は、「令和2年3月から日曜開庁と時間外交付の交付日などを変更します」のページをご覧ください。

Q.本籍が、横浜市にあります。袖ケ浦市役所で戸籍抄本がとれますか。      

A.本籍地以外では、謄本も抄本もとれません。

 戸籍はいわば身分の証明であり、それを証明できるのは本籍のある市・区・町・村の役所だけです。
 本籍のある市区町村の役所で請求してください。

Q.自分の戸籍を閲覧したいのですが、閲覧はできますか。      

A.戸籍の閲覧は、本人・他人を問わず一切できません。

 自分の戸籍を確認したい場合は、戸籍謄本や抄本を請求してください。
 なお、戸籍関係は全国共通の取り扱いです。他の市町村の役所でも閲覧はできません。  

Q.住民票が必要だと会社でいわれて来たのですが・・・。      

A.何に使うのか、何の記載が必要なのか、何通必要なのかを、まず会社に確認してください。

 住民票は、自分だけのもの・世帯全員を記載したもの、本籍の入ったもの、世帯主から見た続柄の入ったもの、それらを省略したものなど、様々な種類があります。市役所では提出先がどのような住民票が必要なのか判断できませんので、確認した上でご来庁ください。  

関連リンク