ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

保険税の軽減と減免

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月1日

軽減

   所得のない世帯や少ない世帯に対しては、均等割額及び平等割額が以下のとおり軽減となります。 

令和2年度

世帯の所得

医療保険分

後期高齢者
  支援金分

介護保険分

33万円以下

均等割・平等割額が7割軽減されます。

均等割が7割軽減されます。

均等割が7割軽減されます。

33万円+(28万5千円×加入者数)以下

均等割・平等割額が5割軽減されます。

均等割が5割軽減されます。

均等割が5割軽減されます。

33万円+(52万円×加入者数)以下

均等割・平等割額が2割軽減されます。

均等割が2割軽減されます。

均等割が2割軽減されます。

※世帯主及び世帯の国保被保険者全員が前年の所得申告をしていることが条件です。

※申告していない方がいる場合、正しい判定ができず軽減されません。

※軽減判定に用いる所得には、被用者保険加入の世帯主の所得が含まれるなど、一定の基準があります。

令和元年度

世帯の所得

医療保険分

後期高齢者
  支援金分

介護保険分

33万円以下

均等割・平等割額が7割軽減されます。

均等割が7割軽減されます。

均等割が7割軽減されます。

33万円+(28万円×加入者数)以下

均等割・平等割額が5割軽減されます。

均等割が5割軽減されます。

均等割が5割軽減されます。

33万円+(51万円×加入者数)以下

均等割・平等割額が2割軽減されます。

均等割が2割軽減されます。

均等割が2割軽減されます。

平成30年度

世帯の所得

医療保険分

後期高齢者
  支援金分

介護保険分

33万円以下

均等割・平等割額が7割軽減されます。

均等割が7割軽減されます。

均等割が7割軽減されます。

33万円+(27万5千円×加入者数)以下

均等割・平等割額が5割軽減されます。

均等割が5割軽減されます。

均等割が5割軽減されます。

33万円+(50万円×加入者数)以下

均等割・平等割額が2割軽減されます。

均等割が2割軽減されます。

均等割が2割軽減されます。

 平成29年度

世帯の所得

医療保険分

後期高齢者
  支援金分

介護保険分

33万円以下

均等割・平等割額が7割軽減されます。

均等割が7割軽減されます。

均等割が7割軽減されます。

33万円+(27万円×加入者数)以下

均等割・平等割額が5割軽減されます。

均等割が5割軽減されます。

均等割が5割軽減されます。

33万円+(49万円×加入者数)以下

均等割・平等割額が2割軽減されます。

均等割が2割軽減されます。

均等割が2割軽減されます。

減免

   一定の条件に該当する場合は、保険税の減免を受けることができます。詳しくはお問い合わせください。

主な減免理由

  1. 火災・風水害・震災その他これに類する災害により財産等について甚大な損害を受けた場合
  2. 盗難・横領等により所有する財産に甚大な損害を受けた場合
  3. 失業・廃業または経営不振により収入が著しく減少し、かつ、疾病、負傷等により長期にわたって就労が困難である場合その他市長が必要と認めた場合

※減免審査の際、必要に応じて資産、預貯金調査等を行う場合があります。

※減免事由の消滅、虚偽申請または不正行為による場合は減免措置の変更、または、取り消す場合があります。

※申請には状況により必要書類が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。 

※既に保険税が軽減されている場合は減免とはなりません。 

 

旧被扶養者(被用者保険の被扶養者であった方)の保険税減免期間の見直し

  後期高齢者医療保険制度の旧被扶養者の均等割保険料の軽減措置の見直しが実施されることに伴い、国民健康保険においても同様の見直しを行うことになりました。

(変更前) 当分の間、所得割保険税を全額減免し、均等割保険税の5割を軽減する。

(変更後) 当分の間、所得割保険税を全額減免し、国民健康保険に加入した月以後2年を経過する月までの間(24ヶ月間)、均等割保険税の5割を軽減する。

 これにより、以下のとおり変更となります。

   国民健康保険加入時期  所得割保険税      均等割保険税

【令和2年度】 見直し後の保険税の減免の例

平成30年4月以前に加入した場合

   全額減免        減免なし

平成30年5月に加入した場合

   全額減免    1ヶ月分のみ5割を減免

平成30年10月に加入した場合

   全額減免    6ヶ月分のみ5割を減免