ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > こちら市長室

ようこそ市長室へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月13日

 袖ケ浦市長の粕谷 智浩(かすや ともひろ)です。
 袖ケ浦市のホームページにお越しいただきまして、ありがとうございます。

 このページでは、私の公務の様子や行事などに参加して感じたことなどをお知らせしていきます。 

 

10月市長スナップショット

令和2年10月12日(月曜日)

長浦駅周辺ポイ捨て防止啓発活動

ゴミを拾い集める市長 長浦駅周辺にてポイ捨て防止の啓発活動を行いました。
 本活動は、ゴミの無いきれいなまちにするために、市民の皆さまや企業の方々と協力・連携し、ゴミを収集しながら、ポイ捨て防止を呼びかけるものです。7月には袖ケ浦駅周辺で実施しました。
 当日は、市民ボランティア、環境美化推進員、袖ケ浦環境連絡会、袖ケ浦ワークスリサイクル会の皆さんなど、総勢80名の方々にご参加いただき、ごみ拾いと啓発物資の配布を行いました。
 市では、ポイ捨てゴミ対策として、本活動のほか、地域や企業の皆さまのご協力や環境美化推進員との連携により、市内一斉清掃や臨海地区清掃、地域の巡回活動やポイ捨て防止看板の設置など、より一層のまちの美化推進に取り組んでいます。
 ポイ捨てゴミのないきれいなまちを目指すには、一人ひとりの環境美化意識の向上が重要となります。皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年10月12日(月曜日)

全日本女子硬式クラブ野球選手権大会

始球式で投球する市長 全日本女子硬式クラブ野球選手権大会が市営球場で開催されました。
 本大会は、全国から集まった強豪14チームによる女子硬式クラブ野球チームの日本一を決める大会で、今回で15回目を迎えます。
 今大会では、私も始球式でマウンドに立たせていただきました。手前味噌ですが、練習の成果もあり、良いピッチングができたのではないかと思います。
 昨今は少年野球や中学生の野球部員が減少しているとのことですが、女子野球の競技人口は全国的にも増加しており、人気が伺えます。このような大会を通してさらに盛り上がっていくことを願っています。
 そして、また来年もここ市営球場で本大会が開催されることを楽しみにしています。

令和2年10月6日(火曜日)

災害時における支援協力に関する協定

中村会長と協定書を掲げる市長 千葉県行政書士会と「災害時における支援協力に関する協定」を締結しました。
 この協定は、地震、風水害、その他の災害等が発生した際に、市の要請に基づき、千葉県行政書士会が被災者支援を目的に、会員の派遣や相談窓口の開設、罹災証明書の申請や仮設住宅の申込の手続きなど、災害時応急業務への支援協力を行うことについて、必要な事項を定めたものです。
 被災された方々が、公的な支援制度を利用するには、様々な行政手続きをする必要がありますが、不慣れな方にとってはとても大きな負担や不安になります。この諸手続きを行政書士の皆さんにご協力いただけることで、被災された方々の負担の軽減や不安な気持ちの払拭とともに、できる限り早い生活再建につながっていくものと考えます。
 今後も、災害に強いまちづくりに向けた取組をさらに進めてまいります。

令和2年10月6日(火曜日)

辻元先生来庁

辻元先生の作品を受領する市長 本市を代表する書道家である辻元大雲先生から作品を寄贈いただきました。
 辻元先生は、現在のコロナ禍にあっても「健康で平穏でいられるように」との思いを込めて、「健安」と書かれたとのことです。
 この度、寄贈いただいた作品は、市役所1階ロビーに設置しておりますので、ぜひご覧ください。
 市では、文化・芸術活動の推進のため、市民の文化・芸術に関する興味・関心の喚起を目指し、市内で優れた文化・芸術に接する機会の充実を図っております。
 今後も、優れた芸術作品を身近に感じていただき、文化・芸術活動の推進をより一層図ってまいります。