ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

戸籍届出(結婚・離婚)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月26日

戸籍届出(婚姻)

   男性・女性とも20歳以上であれば、2人の同意と証人(20歳以上)2名の署名・押印により届け出ができます。
   男性18歳、女性16歳以上でも届け出はできますが、未成年ですので、父母の同意が必要です。  

手続きに必要なもの

婚姻届

   男性・女性両方の印鑑(片方は旧姓のもの)、婚姻の証人(成人に限る)2人の署名・押印。

 ガウラがデザインされた「婚姻届」はこちら

2人の戸籍謄本

   各1通。本籍地に届出する場合は省略できる場合があります。
   本籍が袖ケ浦市にない場合はあらかじめ、自分で取り寄せてください。袖ケ浦市役所では取り寄せできません。

関連の手続き

転入届

   婚姻とともに袖ケ浦市に引っ越してきた場合に必要です。
   婚姻届とどちらを先にするかで、婚姻届の住所などが変わってきますので注意してください。

国民健康保険

   国民健康保険に加入している場合は、保険年金課窓口へ申し出てください。
   転入する先の世帯が国民健康保険に加入している場合は、その国民健康保険証が必要です。

国民年金

   加入している場合は年金手帳が必要です。  

戸籍届出(離婚)

   離婚には、協議離婚と裁判離婚があります。たくさんのケースがあり、未成年の子がいるときは親権者の決定など、必要書類などが変わってきます。
   あらかじめ、市民課までご相談ください。