ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 子育て > 保育所・保育園 > 市立幼保施設のあり方に関する方針
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 子育て > 幼稚園 > 市立幼保施設のあり方に関する方針
現在地 ホーム > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市政運営 > 各種計画・施策 > 市立幼保施設のあり方に関する方針

本文

市立幼保施設のあり方に関する方針

印刷用ページを表示する 更新日:2021年8月23日

方針の目的 

 幼児教育・保育は、生涯にわたる人格形成の基礎を培う上で重要なものであることから、適正なサービスの提供はもとより、社会環境の変化に伴い多様化する保護者のニーズや地域の特性に対応するため、魅力ある子育て拠点としての役割を、幼児教育・保育施設が連携して推進する必要があります。

 更に、公共施設の適切なマネジメントの観点から、将来の世代に過大な負担を残すことなく、行政サービスの水準を維持し、住民福祉の向上を図るため、市立の幼児教育・保育施設の今後の方向性について、基本となる方針を定めるものです。

方針の対象施設

地区施設名種別定員(人)建築年
対象施設一覧
昭和地区福王台保育所保育所120昭和51年
長浦地区久保田保育所保育所120昭和52年
根形地区根形保育所保育所120昭和58年
平川地区平川保育所保育所90平成6年
吉野田保育所保育所90昭和51年
中川幼稚園幼稚園210昭和53年

市立幼保施設のあり方に関する方針(令和3年8月策定)

平川地区における幼保連携の推進

 市立幼保施設のあり方に関する方針においては、「地域ごとの計画策定については、幼児教育・保育施設の連携や、子育て支援センターの早期整備などを推進するため、平川地区から実施することとします」としています。

 平川地区における計画策定の推進状況については、下記のページをご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)