ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉 > 高齢者福祉 > 高齢者等住宅整備資金貸付制度が利用しやすくなりました
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 住まい・建築 > 住宅・建築 > 高齢者等住宅整備資金貸付制度が利用しやすくなりました
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > くらしのメニュー > 引越し・住まい > 高齢者等住宅整備資金貸付制度が利用しやすくなりました

高齢者等住宅整備資金貸付制度が利用しやすくなりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月14日

   市では、高齢者や障害のある方が、生涯住み慣れた家で自立した日常生活を営むことができるように、浴室やトイレの改造、段差の解消、手すり、スロープの設置などの住宅の整備に対し、資金を無利子で貸し付けています。

 この度、利用しやすくなるように、次のとおり連帯保証人の要件の一部を緩和しました。

 

変更事項

 連帯保証人の要件の一部を緩和

変更後

 国内に居住し、かつ住民基本台帳に登録されていること

変更前

 市内に居住し、かつ住民基本台帳に登録されていること

 

 ※制度を利用するための他の要件などについては、「高齢者福祉サービス「在宅生活を支援するために」」のページまたは高齢者支援課までお問い合わせください。