ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 特定疾病療養受給者証の交付

特定疾病療養受給者証の交付

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月1日

   厚生労働大臣の指定する病気を罹患された方は、特定疾病療養受給者証の交付を受けることができます。

   特定疾病療養受給者証の交付を受けると、対象の病気に関する医療費が1ヶ月1万円までとなります。
(70歳未満の方で前年所得が600万円以上の世帯の場合は2万円)

対象の病気

  • 人工透析が必要な慢性腎不全
  • 先天性血液凝固因子障害の一部
  • 血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

申請について

申請は以下のような流れになります。

  1. 申請書を市役所保険年金課で受け取る。
  2. 医療機関で申請書に原因疾患に関する証明をしてもらう。
  3. 医師の証明を記載してもらったのち、本人の記載欄を記入し、下記必要書類を持参のうえ市役所保険年金課へ提出する。
    必要書類
    ・世帯主及び受給者証が必要な方のマイナンバー通知カードまたは個人番号カード
    ・手続きに来庁される方の顔写真付の公的身分証
    ※同一世帯以外の代理の方が手続きする場合は、委任状(様式例のページ)及び代理の方の顔写真付の公的身分証も必要となります。
  4. 特定疾病療養受給者証の交付を受ける。
  5. 医療機関で特定疾病療養受給者証を提示して治療を受ける。

ご注意ください

  • 上記の病気以外の診療には使用できません。
  • 同様の制度で国指定の難病に関する支給もあります。障がい者支援課で担当しておりますので、詳しくはそちらにお問い合わせください。