ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特定健診のQ&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月2日

特定健診は、なぜ受診したほうがいいの?

   自覚症状だけではわからない自分の健康状態を知ることができ、メタボシックシンドロームをはじめとする生活習慣病の発症または重症化を予防する機会となります。

   あなたとあなたの大切な人を守るため、また保険税の増加を抑制するためにも、ぜひ特定健診を受診しましょう。

会社等で健診を受診している人はどうしたらいいの?

   健診結果の提出にご協力ください。

   特定健診は、国から受診率等の目標値が示され、平成24年度の目標受診率65%を示しています。

   皆さんの健康づくりを支える大切な健診ですが、国の課した受診率などの達成状況によっては、市国保財政に大きなペナルティもあり、その結果、保険税などに影響を及ぼすことが考えられます。

   健診結果を提出いただければ特定健診の受診率に反映されます。(健診結果を提出された方は、特定健診を受診する必要はありません。)

治療中でも特定健診を受診したほうがいいの?

   特定健診は、治療中の方も受けられます。普段の治療で実施していない検査項目があれば、それが落とし穴になることも…

   後で後悔しないために、特定健診を受けて新たな病気の芽を事前に摘みましょう。

特定健診受診券は再発行できるの?

   再発行することができます。保険年金課の窓口または電話にてお問い合わせください。

特定健診の受診券で人間ドックの助成が受けられるの?

   特定健診の受診券では、人間ドックの助成は受けられません。助成を受けるためには、申請が必要となります。人間ドックの助成に関する詳細はこちら

袖ケ浦市国民健康保険加入以外の人はどこで特定健診を受けたらいいの?

  平成20年から特定健診は、医療保険者(健康保険証の発行元)に義務づけられました。そのため、加入されている各医療保険者にお問い合わせください