ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 魅力・観光 > 袖ケ浦を知る > 歴史・文化 > 友の会について(郷土博物館)
現在地 ホーム > 分類でさがす > 魅力・観光 > 袖ケ浦に行く・遊ぶ > 文化・生涯学習 > 友の会について(郷土博物館)

本文

友の会について(郷土博物館)

印刷用ページを表示する 更新日:2020年9月1日

袖ケ浦市郷土博物館友の会

本会は、袖ケ浦市郷土博物館の展示品等をとして会員の知識を養い、併せて博物館の社会的文化的活動を後援して地域社会の文化の向上に貢献することを目的として昭和59年12月1日より活動をスタートしました。
友の会には、いつでも入会できます。
入会希望の方は、博物館までお気軽にご連絡ください。

自然と歴史

活動グループ

袖ケ浦市郷土博物館内に事務局を置き、現在7つのグループが活動をしています。

土器作りの会

doki

土器作りを通して古代人の暮らしを考えます。

仏像を学ぶ会

市内外の仏像を見学し、仏像の鑑賞方法などを学びます。

butuzo

何でも有り会

nandemo

皆で何でも楽しく、何でも挑戦。

凧の会

tako

楽しむことが一番・・・自分で凧を作って風と遊ぼう。

古文書いろはの会

komonzyo

古文書の読み方を学習する活動をとおして、歴史や文化財への関心を高めます。

機織りの会

hatairi

機織りを通して自然や織物の歴史などを学んでいます。

盆栽愛好会

bonsaii

盆栽展示で鉢の中に自然の荘厳さや美しさを表現しています。

主な活動実績

令和元年度の活動実績はこちら [PDFファイル/181KB]をご覧ください。

博物館友の会・会報「友の会だより」

本会の活動状況等を知っていただくため、年に数回会報を発行しています。
最新号はこちら [PDFファイル/997KB]です。

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)