ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > こちら市長室

ようこそ市長室へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日

 こんにちは、袖ケ浦市長の出口清(でぐち きよし)です。
 私の考え方や動きなどをお知らせします。

 今月のもっとメッセージ

平成30年度がスタートします

   閉講にあたり講評する市長
    平成29年度まちづくり講座の全工程が終了し、
            閉講にあたり講評する市長    

 

 

 

 4月になりました。本日より新年度です。新入生、新社会人の皆さまは、新しい環境で新しい生活がいよいよスタートします。大きな期待や希望とともに、若干の不安や心配もあると思いますが、何事にもチャレンジする強い気持ちをもって臨むことが大切です。目標に向かって努力する過程はその後の人生に必ず活きてきます。皆さまのこれからのご活躍を願っています。


 さて、袖ケ浦市役所にもフレッシュな新規採用職員が加わり、新しい体制で気持ちも新たに平成30年度をスタートしました。
 今年度も、市民の皆さまとともに市民力・地域力を活かし、各種計画に位置付けた事業とともに、新たな行政課題や多様化する行政ニーズへの対応を意識した次の3つの「重点的取組み」を掲げ推進します。

 1点目、『第3期実施計画の総仕上げと次期総合計画への架け橋としての取組み』について
 第3期実施計画の各事業の成果を市民の皆さまに還元するため、特色ある子育て・教育施策を一層推進するほか、健康寿命を延ばして、引き続き住み慣れた地域で生活できる取組を拡充します。
 袖ケ浦駅海側地区のまちづくりの効果を市全域へ波及させる施策や、袖ケ浦椎の森工業団地2期地区の企業早期操業に向けた取組みを推進します。
 次期総合計画の策定に向け、市民の皆さまから幅広くご意見を伺い、本市の将来目指すべき姿や具体的な方向性について本格的な検討に取り組みます。

 2点目、『活力に満ちたみんなで支え合う住みやすいまちづくりへの取組み』について
 協働のまちづくりの具現化に向けて、市民の皆さまと協力・連携しながら「協働のまちづくり推進計画」の策定に取り組みます。
 地域における協働の取組みを推進する「地域まちづくり協議会」の設立に向けて、情報交換や地域の課題について話し合う機会など、自主的な地域づくりの機運を高めます。また、協働の取組みに関する情報をわかりやすく提供します。

 3点目、『スポーツへの機運上昇を通じた共生社会を育む取組み』について
 市の立地特性や社会体育施設の水準が評価されているため、陸上競技場等を改修し、市民の皆さまがレベルの高いスポーツに触れられる機会を増やします。
 また、認知度が向上している障がい者スポーツの支援を拡充や、増加する外国人来訪者へわかりやすい情報の提供に努めます。
 平成30年度はこれまでの事業の成果をしっかりと市民の皆さまに還元しつつ、新たな課題に対応する次期総合計画のスタートとなる2020年に向けて、更なる発展を目指した本市の将来像を描いていく重要な年として市政運営に取り組んでまいります。

 そして、これらの内容を含め、袖ケ浦の現在の状況や特色などの多様な魅力、事業への取組みや成果、主要な計画の概要、そして袖ケ浦が目指すこれからなどをわかりやすく、私が直接市民の皆さまに説明させていただく、『~市長が語る~「わがまちの今・これから」』を来月開催いたします。
 事前予約は不要ですので、ご都合のよろしい会場へお越しください。

≪開催日時及び場所≫
(1)5月12日(土曜日)午後  2時00分~ 長浦おかのうえ図書館(3階視聴覚室)
(2)5月13日(日曜日)午後  2時00分~ 根形公民館(2階視聴覚室)
(3)5月16日(水曜日)午後  6時30分~ 市民会館(中ホール)
(4)5月20日(日曜日)午前10時00分~ 平川公民館(2階視聴覚室)

 この説明会を通して、市民の皆さまが「わがまち」の様子をより深く知っていただき、そしてまちづくりについて考えていただく機会にしたいと考えています。

 皆さまのご来場をお待ちしております。


                                                  平成30年4月1日
                                                                               袖ケ浦市長  出口  清