ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 保険・年金 > 介護保険 > 介護保険システムの更新に伴う変更について
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉 > 高齢者福祉 > 介護保険システムの更新に伴う変更について

介護保険システムの更新に伴う変更について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月28日

介護保険システムの更新に伴う変更について

 令和元年10月28日より、新たな介護保険システムへの更新があり、以下の点について取り扱いの変更がございます。

1.被保険者番号の付番ルールの変更

 ・令和元年10月27日までに資格を取得した方

  →上3桁が「229」で始まる10桁の番号

 

 ・令和元年10月28日以降に資格を取得する方

  →上3桁が「100」で始まる10桁の番号

 

※今後は、被保険者番号が「229」で始まる方と「100」で始まる方が混在することになりますので、介護報酬請求などの際にはご注意ください。

※市に問い合わせ等をいただく際は、10桁すべてをお伝えくださいますようお願いします。

2.要介護認定申請書様式の変更

 システムの更新に合わせ、要介護認定様式を下記のとおり変更します。

これまでとは異なり、「新規申請」、「更新申請」、「区分変更申請」、「転入継続申請」のすべての申請区分が共通の様式となります。

令和元年10月28日以降は新様式の利用をお願いします。

書式名PDFファイルExcelファイル
 
介護保険 要介護・要支援認定 申請書ダウンロード [PDFファイル/77KB]ダウンロード [Excelファイル/35KB]

 

※当分の間、従来の様式による申請も受理しますが、新様式への移行にご協力をお願いします。

※「申請区分」の欄に必ずチェックを入れてください。

※裏面には、認定調査に係る連絡事項の記入欄を記載しております。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)