ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 戸籍・住民票・証明 > 住民票 > 袖ケ浦市の人口等の推移

本文

袖ケ浦市の人口等の推移

印刷用ページを表示する 更新日:2021年7月10日

市の人口と世帯の推移 

 過去10年間の市の人口推移グラフです。

 県内の多くの市町村で人口が減少している中、袖ケ浦市の人口はこの10年で3,612人(年平均0.5%)増、世帯数はこの10年で4,236世帯(年平均1.6%)増と、微増で推移しています。

 この結果、1世帯あたりの人員は、昨年と同様に2.3人となっております。(令和3年4月1日時点のデータ)

 

人口と世帯数の推移グラフ

 

 なお、毎月の人口の各種資料については下記のとおりです。

過去の人口推移一覧 令和3年7月更新 [その他のファイル/238KB]

人口推移のグラフ(外国人を含む) 毎年4月更新 [その他のファイル/38KB]

毎月の人口異動状況 令和3年7月更新 [その他のファイル/239KB]

大字別の人口(外国人を含む) 令和3年7月更新 [その他のファイル/53KB]

年齢別の人口 令和3年7月更新 [Excelファイル/16KB]

地区別年齢別(外国人を含む)の人口 令和3年7月更新 [Excelファイル/25KB]

 

年少人口と老年人口の推移 

 年少人口(0歳から14歳)と老年人口(65歳以上)の推移グラフです。

 平成23年時点の老年人口は11,982人で、年少人口8,606人に対し1.4倍でした。

 この10年間で年少人口は1%増と、ここ数年でゆるやかに増加している傾向が見られます。

 一方、老年人口は10年間で1.5倍に増え、その結果、老年人口が年少人口の約2.0倍になるなど、袖ケ浦市でも高齢化が進行していることが分かります。 

年少人口と老年人口