ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市役所・施設案内 > その他施設 > 田んぼの学校【公募家族】 実施報告2019
ホーム > 分類でさがす > 魅力・観光 > 袖ケ浦で買う・食べる > 味覚狩り・収穫体験 > 田んぼの学校【公募家族】 実施報告2019

田んぼの学校【公募家族】 実施報告2019

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月13日

田んぼの学校【公募家族】

2月16日(日曜日)9時00分~12時40分

味噌作り

公募家族が、冷ました大豆に塩と麹を混ぜ合わせている様子の写真公募家族たちが、大豆と塩と麹を混ぜてミンサーで潰したものを丸く集めて味噌玉を作っている様子の写真公募家族が、樽にビニールを入れた中に味噌玉を投げ入れて杵で押込む様子の写真管理組合長が公募家族に修了証書を授与している様子の写真

今日はあいにくの雨でしたが、農村公園で行なう田んぼの学校最後の事業である「味噌作り」をしました。
作り方の説明を聞いて、全家族が協力して作業を行ないました。

茹でた大豆に麹と塩をよく混ぜてチョッパーで潰してから、自分の両手で握れる大きさに丸めた味噌玉を作ります。
樽の中に作った味噌玉を投げ入れては押し込み、隙間の無いように杵を使って詰めて仕込みます。

今日仕込んだ味噌は、秋頃にできる予定です。
手作りで味噌を作ることは貴重な経験です、家族の良い思い出にもなりますね。

終わりの会では管理組合長から修了証書の授与があり、受け取った子供たちも喜んでいました。
昼食では、管理組合お手製のおにぎりと豚汁を美味しそうに食べていました。

最後のアンケートには何組かの公募家族から、『次年度も参加したい!』との声がありました。
参加者の皆さん、指導してくれた農村公園管理組合員の皆さん、本当にありがとうございました。

1月12日(日曜日)9時00分~12時30分

凧作り

公募家族が、指導員にお飾りの作り方を教えて貰いながら、凧の骨組みを作っている様子の写真公募家族が、凧揚げをしている様子の写真公募家族が、凧揚げをしている様子の写真公募家族が、作った凧を手に集合写真

今日は、正月の風物詩である『凧』を作ります。

指導員が作り方の説明をしたあと、家族で協力しながら凧を作りました。

まず凧の骨組みを作ってから、家族で描いて来てもらった絵を貼って凧糸を結びます。

原寸大の設計図の上に竹を乗せての作業が難しかったようで、なかなか上手く出来ない家族が何組かありました。

曇りで無風だったため上手く凧が揚がらなくて苦戦していましたが、お子さんが走って凧が揚がる様子も見られました。

凧揚げを楽しんだ後、作った凧を手に記念の集合写真を撮りました。

最後に管理組合のお手製カレーライスを美味しく頂きました。

12月8日(日曜日)9時00分~11時40分

お飾り作り

公募家族が、指導員にお飾りの作り方を教えて貰っている写真公募家族が、お飾りを作っている様子の全体写真公募家族が、お飾りを作っている様子の写真公募家族が、お飾りを手に並んで撮った集合写真

今日は、正月用のお飾りを作りました。

天気が良かったので、軒下と外に茣蓙(ござ)を敷いた上で作業をします。
管理組合の方から前垂れと輪飾りの作り方の説明があったあと、家族で協力してお飾りを作りました。

管理組合の皆さんが様子をみながら教えてくれたので、初めて作る人も上手に作ることができたと喜んでいました。
子供たちは小さな手で藁をよっていくのが難しそうで、親子、御夫婦で協力する家族、お父さん・お母さんが頑張っている家族と様々でしたが、綺麗に出来上がると嬉しそうでした。

終わりの会では管理組合から、蒸かしたサツマイモと手作りの沢庵(たくあん)が振舞われました。

今日作ったお飾りを飾って、良いお年を迎えてくださいね。

11月24日(日曜日)9時00分~11時30分

収穫祭

収穫祭で人気の餅まきをしている写真毎年好評で早々に完売する野菜と味噌を販売している様子の写真ポン菓子機で、お米に熱を加えながら圧力をかけて、木槌で圧力を抜くと爆発音がして同時に熱々出来立てのポン菓子が出来た様子の写真子供たちに大人気!水風船のヨーヨー釣りの様子の写真

もち米を蒸かして、杵と臼で餅つきをする親子の写真つきたての餅に、きな粉や大根おろしを好みでかけている様子の写真人気の蕎麦打ち体験で蕎麦生地を伸ばしている様子の写真打ちたての蕎麦を釜茹でも大好評、長蛇の列が出来ている様子の写真

今日は、収穫祭です。

11月22日から雨が続き開会時にはまだ霧雨程度でしたが、気温が低く少し肌寒く感じました。
このため催し物は管理棟および、庇(ひさし)の下で行いました。

しかし!こんな雨や寒さなんてなんのその!
毎年人気の「収穫祭」は、早くから大勢の来園客で活気に満ちていました。

開会式が始まり、粕谷新市長と来賓の挨拶、『かかしの人気投票』の表彰式が行なわれました。

大盛況の『餅投げ』は大人子供入り混じっての争奪戦、早朝から火入れをした『石焼き芋』はホクホクでホッコリします。
子供たちに人気の『綿菓子』や『ヨーヨー釣り』、砂糖の飴をかけた甘くてサクサクの『ポン菓子』は、毎回爆発音にビックリ!

何キロあるのか『野菜(サツマイモ)の重量当て』、きな粉や大根おろしなどをかけたアツアツ『つきたての餅』は柔らかくて即完売。
自分で粉から伸ばして切って作る醍醐味の『そば打ち体験』も大人気でした!

打ちたての蕎麦を釜茹でした掛け蕎麦は体も温まり、喉越しの良さには子供から大人まで大好評!
今年も味噌と野菜の販売をしていましたが、開会前から列が出来ていて大盛況でした。

雨にもかかわらず全体で500名ほどの来園者数となり、どこも長蛇の列が出来ていました。

人気投票1位の「チーバ君」作品のSさんとTさんご家族の表彰写真人気投票2位の「ピカチュウ」作品のFさんご家族の表彰写真人気投票3位の「おしりたんてい」作品のMさんご家族の表彰写真

かかしの人気投票で、1位から3位までの優秀作品には表彰式で記念品の贈呈がありました。

写真は表彰式の様子で、粕谷新市長と各表彰者ご家族です。

左から、人気投票1位の「チーバ君」作品を作られた公募家族のSさんとTさん。

真ん中は、2位の「ピカチュウ」作品を作られた公募家族のFさん。

右は、3位は「おしりたんてい」作品を作られた公募家族のMさん。

おめでとうございます!

同じく1位・2位・3位のかかしに投票した中から抽選で選ばれた当選者のかたにも、組合長から記念品の贈呈がありました。

かかし人気投票入賞作品

かかし人気投票1位、作品名「チーバ君」の写真かかし人気投票2位、作品名「ピカチュウ」の写真かかし人気投票3位、作品名「おしりたんてい」の写真

1位は、9番「チーバ君」。真っ赤な千葉県のマスコットキャラクターが、立体的に上手く作られた作品です!

2位は、12番「ピカチュウ」。アニメやゲームも世界で人気のキャラクターが、稲を守ってるような表情と姿にカラスも降参!?

3位は、15番「おしりたんてい」。子供に人気のアニメから飛び出した力作、『フーム! においますね!!』と稲を狙う鳥を見つけたかな?

他のかかし作品

かかし作品はこちら ←文字をクリックすると、同じウィンドウで開きます。戻る時はブラウザの戻るボタンで、前のページに戻ります。

10月13日(日曜日)

昔遊び

開催予定の「昔遊び」は、台風19号のため参加者の安全を考えて中止とさせて頂きました。

9月8日(日曜日)9時00分~12時20分 天候:曇り/雨

稲刈り

公募家族の方たちが、管理組合員の指導で縄ないをする様子の写真公募家族の方たちが、稲刈りと刈取った稲を束ねる様子の写真公募家族の方たちが、稲刈りと刈取った稲を束ねる様子の写真公募家族の方たちが、昔ながらの農具【足踏み脱穀機(あしぶみだっこくき)】で脱穀をしている様子の写真

公募家族の方たちが稲刈りをしました。

台風が近付いているせいか、雲の多い空模様でした。

「すがいない」では上手く縄にならず苦労していましたが、組合員の指導で親子で出来るようになると楽しんでいました。

刈取りは上手に出来ていたのですが一時的に強い雨が降り中断、雨が止んでからの作業再開で全部の稲を刈る事ができました。
子供達は虫やカエルを捕まえるのに忙しそうで、捕まえたバッタやカエルを嬉しそうに見せてくれました。

千葉県では刈り取った稲の束を竹竿に掛けて干すことを『おだ掛け(おだかけ)』と言い、昔ながらの(乾燥)方法です。

稲刈りの後、昔ながらの農機具【千歯扱(せんばこき)と、足踏み脱穀機(あしぶみだっこくき)】を使って、乾かしておいた稲を脱穀(だっこく)しました。
千歯扱(せんばこき)が気に入ったのか、コツをつかんで歯に何度も稲を通して脱穀がきれいにできると嬉しそうでした。

お昼は管理組合の用意したカレーが好評で、お替りをしていました。

※「すがいない」とは…稲ワラを縒(よ)って編んで作る、刈った稲を束ねるための縄(なわ)作りの事。

7月21(日曜日)9時00分~12時00分 天候:曇り

かかし作り

かかしの作り方を説明する講師の写真公募家族の方たちが、かかしを作っている様子の写真公募家族の方たちが、骨組みにワラや綿を使って肉付けしたり用意して来た服などを着せたりして、かかしを作る様子の写真公募家族の方たちが作業後、昼食に管理組合の用意した肉じゃがとおにぎりを召し上がっている様子の全体写真

今日は、かかしを作ります。

梅雨が明けず曇りで蒸し暑い中、管理棟前の軒下で作業開始!

家族で力を合わせて、事前に考えて来たデザインやアイディアを形にします。

イメージを抱きながら胴体や手にはワラを使い、頭の部分にはワラと綿を使って1組1体ずつ苦戦しながらも順調に作り上げます。

それぞれ作品に合わせた自前の素材を用意して、アイディアや作りに目を見張る個性的な作品が出来ました!

完成した作品の出来栄えに、満足な笑顔で家族揃って記念撮影!

人気のキャラクターや旬の人にオリジナルまでテーマが1つも被るものがなくバラエティーに富んだ楽しい作品が並びました。

かかし作りを終えて管理組合が用意した昼食の肉じゃがとおにぎりは、何度もお替りしてお腹がいっぱいで動けないくらい大好評でした。

ひらおかの里・農村公園では、一般来園者による「かかしの人気投票」を7月23日(火曜日)~締切りの9月1日(日曜日)まで実施しています。※月曜日は、休園日です。
是非、作品を見に来て気に入ったかかしに投票をしてくださいね!

表彰は、11月に予定されている収穫祭で行ないます。

かかし作品はこちら ←文字をクリックすると、同じウィンドウで開きます。戻る時はブラウザの戻るボタンで、前のページに戻ります。

6月16日(日曜日)9時00分~11時30分 天候:晴れ

草取り

公募家族の方たちが、昔ながらの農具を使って田んぼの草取りをしている様子の写真公募家族の方たちが、昔ながらの農具を使って田んぼの草取りをしている様子の写真公募家族の方たちが、ジャガイモ掘りをしている様子の写真公募家族の方たちが、昼食に竹で組まれた「そうめん流し」を楽しんでいる様子の写真

今日は昔ながらの農機具「中耕除草機」(通称:ころがし)を使って、草取り作業をします。

経験の無い農具を使って草取りをするので最初は要領がつかめないのか悪戦苦闘していましたが、慣れてくると見事にスイスイと農具を使って田んぼを往復していました。

親子で手をつなぎ、田んぼの感触を楽しむ姿も見られました。

草取り作業後に行った「大豆の種まき」では子供たちが大活躍、ジャガイモ掘りも行なわれて掘り上げたものは袋に入れて持ち帰ります。

作業後の昼食では『そうめん流し』をして、満腹になるまで食べる事ができて大満足だったようです!

快晴で南風が強く吹いていたのですが、無事に実施出来て良かったです。

5月12日(日曜日)9時00分~11時40分 天候:晴れ

田植え

管理組合長の挨拶を聞いている公募家族の写真田んぼに親子で並んで一斉に田植えを始める様子の写真田んぼに引いた線に苗を手植えする公募家族の写真田植え後の昼食で管理組合員が作ったカレーライスが振舞われた様子の写真

天気も良く、田植えをするのにも良い日でした。

最初に日程の説明や管理組合長の挨拶、注意事項の説明があり、続いて田植えのやり方を管理組合員が話しました。

素足で田んぼのヌルッとした感触を味わい、楽しそうに田植えをしていました。

家族で横一列に並び手で苗を田んぼに植えて、子供に教えながら親子一緒に出来るのは良い思い出になりますね。

中には膝小僧まで浸かってしまい身動きが取れなくて泣き出しそうな子供がいたり、赤ちゃんをおんぶして植えていた人も居ました。

昼食は管理組合員の方が、カレーライスを作り振舞いました。

隠し味の効いたカレーは、お替りする子供たちも居て大好評でした!

4月14日(日曜日)9時47分~10時25分 天候:晴れ

田んぼの学校 開校説明会

田んぼの学校説明会で挨拶をする管理組合長の写真ひらおかの里農村公園の管理組合員の写真田んぼの学校説明会にて自己紹介をする公募家族の写真田んぼの学校説明会にて自己紹介をする公募家族の写真

2019年度(平成31年度)田んぼの学校の開校に先立ち、説明会を行ないました。

ひらおかの里農村公園や田んぼの学校について年間行事予定を含め、公募家族へ説明をしました。

田んぼの学校生の自己紹介では、参加の意気込みなどを話していただきました。

次回5月12日(日曜日)に行なう「田植え」が最初のイベントとなり、田んぼの学校が始まります。