ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉 > 高齢者福祉 > 袖ケ浦市助け合いサービス事業補助金について

袖ケ浦市助け合いサービス事業補助金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月1日

袖ケ浦市助け合いサービス事業補助金

 生活機能の低下が見られる高齢者に対して、介護予防の取組や日常生活上の支援活動を行う地域住民主体の団体等を支援するため、「袖ケ浦市助け合いサービス事業補助金制度」を開始しました。

対象となる助け合いサービスの種類

1 訪問型サービスB
 支援が必要な高齢者の自宅において、身体介護を除く日常的に必要な生活支援を行うサービス。
  【具体的な対象サービス】
  ・ 部屋の掃除、整理整頓及び家具の移動の支援
  ・ 洗濯及び洗濯干しの一連の作業
  ・ 食事の準備及び後片付け
  ・ 生活必需品の買物
  ・ ごみ出し及びごみ出しのための分別
  ・ 電球の交換、庭の手入れ、障子及び網戸の張替え、軽度な大工作業等の利用者では困難な日常的な生活支援
  ・ 話し相手

2 訪問型サービスD
 支援が必要な高齢者に対して、移動支援を行うサービス。
  【具体的な対象サービス】
  ・ 通院のための病院等への送迎前後の付き添い支援
  ・ 生活必需品の買物のための店舗等への送迎前後の付き添い支援
  ・ 通所型サービスB、介護予防教室、通いの場等を利用するための実施場所への送迎

3 通所型サービスB
 支援が必要な高齢者に対して、通いの場等において、体操、茶話、レクリエーション、認知症予防等を1回90分以上かつ月1回以上提供するサービス。

 上記1~3のサービスを、介護予防ケアマネジメントC(ケアプラン)に位置付けられて利用している要支援1・要支援2・事業対象者の方がいることが対象となる条件となります。

 ※介護予防ケアマネジメントC
   ケアマネジャーが作成するサービス利用計画(ケアプラン)の一種で、経過観察を行わず、計画を作成するだけの最も簡単なケアマネジメントです。

対象団体

○ 市内に在住する5人以上の者で構成されている任意団体、NPO法人等の公益的な活動を行う団体等であること。

○ 市内に活動拠点を有し、かつ、助け合いサービスの提供に必要な場所を確保できていること。

○ 市民が広く利用できるよう不特定多数の利用者を受入可能な体制が整っていると認められること。

○ 訪問型サービスDについては、サービスの提供に必要な自動車を確保しており、かつ、福祉有償運送の登録を受けていること、または高齢者の送迎について十分な知識を有すること。

※その他の条件及び補助を受けるにあたって遵守すべき事項については、袖ケ浦市助け合いサービス事業補助金交付要綱 [PDFファイル/1.19MB]の第3条及び第9条を参照してください。

対象経費

区分内容
袖ケ浦市助け合いサービス事業補助金対象経費
報償費外部講師謝礼金、ボランティア活動に対する奨励金(謝礼金)等
人件費サービスの提供の調整に係る人件費
需用費消耗品費、印刷製本費、光熱水費等
役務費保険料、通信運搬費等
使用料及び賃借料会場借上料等
備品購入費机、椅子、事務用品その他介護予防に使用する機材等の購入費等
研修費研修会負担金、交通費等
施設整備費軽微な改修または修繕等の経費
※軽微な改修:階段手すりやスロープの設置、トイレの改修等

補助金額 ※助け合いサービスの種類ごとに交付可能です。

〇開設補助費(事業開設に係る費用)
 5万円

〇運営補助費(事業運営に係る費用)
介護予防ケアマネジメントCに位置付けられて助け合いサービスを提供した者1人当たり月額1万円。
年間上限 団体当たり12万円。

 ただし、補助対象経費の合計額(この補助金以外の収入がある場合、収入額から補助対象外経費を控除して得た額を、補助対象経費から除外した額)の方が低い場合はその額となります。

補助金申請の流れ

 実施団体の登録
  ↓
 補助金交付申請(概算額)
  ↓
 補助金交付決定(概算額)
  ↓
 補助金交付請求(概算額)
  ↓
 補助支払(概算額)
  ↓
 補助金実績報告
  ↓
 補助金額確定 ※補助金交付決定額より補助金確定額の方が小さい場合は、差額を市に返金していただきます。

 

 補助金申請を希望する団体は、袖ケ浦市高齢者支援課までご連絡ください。

袖ケ浦市助け合いサービス事業補助金説明資料

 袖ケ浦市助け合いサービス事業補助金の内容をまとめた資料を添付いたしますので、こちらも参考にしてください。

 袖ケ浦市助け合いサービス事業補助金について [PDFファイル/1.07MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)