ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉 > 高齢者福祉 > 認知症サポーター養成講座を随時開催しています
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > くらしのメニュー > 高齢・介護 > 認知症サポーター養成講座を随時開催しています
ホーム > 分類でさがす > 魅力・観光 > 袖ケ浦に住む > 健康・医療 > 認知症サポーター養成講座を随時開催しています

認知症サポーター養成講座を随時開催しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月1日

認知症サポーター養成講座とは?

 認知症は誰でもなる可能性がある病気です。この講座では「認知症ってどんな病気?」「どのように接したらいいの?」といった内容を、正しく気軽に学ぶことができます。
 この認知症サポーター養成講座を受けた人は「認知症サポーター」です。「認知症サポーター」は何か特別なことをする人ではありません。認知症についての理解者であり、認知症の方や家族を見守る応援者です。袖ケ浦市では一人でも多くの方に講座を受けていただけるよう、講座を開催しております。
 シニアクラブ・地域の自治会・ボランティアサークルなどのグループや市内小学校においてこの講座を実施し、平成30年4月1日現在、8,083名の方々が「認知症サポーター」としてご家庭や地域で活躍してくださっています。
 

千葉県マスコットキャラクターチーバくんのイラスト
千葉県マスコットキャラクター「チーバくん」

講座内容

  • 認知症とはどういう症状か?
  • 認知症の診断と治療 について
  • 認知症の人と接するときの心がまえ
  • 認知症サポーターのできること
    上記内容を中心に1時間から1時間半を目安に行います。

講座の開催・申込

 講座は随時開催しております。
 5名程度からのグループにてお受けしておりますので、お電話にて地域包括支援センターまでお問い合わせください。

 ※現在、認知症サポーター養成講座オープンクラス受講者を募集しています(オープンクラス申し込みはこちら)

受講料

 無料です。

オレンジリング

 認知症サポーターには、オレンジリングが渡されます。
 これは、「認知症の人を応援します」という意思を示す「目印」です。

認知症サポーターの印のオレンジリングの写真