ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 健康・医療 > 予防接種・感染症 > 特別の理由により免疫が消失した者に対する任意予防接種費用助成事業
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 健康・医療 > 健康づくり > 特別の理由により免疫が消失した者に対する任意予防接種費用助成事業

本文

特別の理由により免疫が消失した者に対する任意予防接種費用助成事業

印刷用ページを表示する 更新日:2022年4月1日

造血幹細胞移植後の定期予防接種ワクチン再接種費用の助成について

   小児がん等の治療のため、造血幹細胞移植(骨髄移植、抹消血幹細胞移植、臍帯血移植)により、すでに接種が

   済んでいる定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断された方に対し、感染及び発病の防止を図る

   ため再接種費用の助成を行います。

 

助成対象ワクチン

対象ワクチン一覧
 
Hib(ヒブ)感染症
小児肺炎球菌感染症
B型肝炎
4種混合(ジフテリア・百日咳・ポリオ・破傷風)
三種混合
急性灰白髄炎(ポリオ)
BCG
水痘
麻しん風しん混合
二種混合(ジフテリア破傷風)
ヒトパピローマ感染症(子宮頸がん予防ワクチン)

 

助成の対象者

   次の1から3のいずれにもに該当する方が対象です。

   1 造血幹細胞移植により、移植前に接種した定期予防接種ワクチンの予防効果が期待できないと医師が判断さ

     れた方

   2 助成対象予防接種を受ける日において、袖ケ浦市の住民基本台帳に記録されている方

   3 20歳に達するまでの者。

     ただし、特定疾病の以下のワクチンについては、対象となる年齢がそれぞれ異なります。

ワクチン名対象年齢

 

BCG4歳に達するまで
小児肺炎球菌感染症6歳に達するまで

Hib(ヒブ)感染症

10歳に達するまで
4種混合15歳に達するまで

 

申請の方法

    1 予防接種を受ける前に健康推進課へお申し出ください。

    2 下記の書類をそろえて、接種した日から2年以内に健康推進課まで提出してください。

    ・ 「袖ケ浦市特別の理由により免疫が消失した者に対する任意予防接種費用助成申請書」(様式第1号)

    ・ 「袖ケ浦市特別の理由により免疫が消失した者に対する任意予防接種費用明細書」(様式2号)

    ・ 「医師が記載した袖ケ浦市特別の理由により免疫が消失した者に対する任意予防接種費用助成対象者認定に係る

      意見書」(第3号)

    ・ 接種した予防接種の領収書

    ・ 母子健康手帳、予防接種済証など予防接種の記録が記載されているもの

    3 提出後、償還払いをすることを決定したときは「袖ケ浦市特別の理由により免疫が消失した者に対する任意予防接

      種費用助成金決定通知書」を通知し、後日指定の口座に振り込みをします。

     

袖ケ浦市特別の理由により免疫が消失した者に対する任意予防接種費用助成申請書(様式第1号) [Wordファイル/12KB]

袖ケ浦市特別の理由により免疫が消失した者に対する任意予防接種費用明細書(様式第2号) [Wordファイル/11KB]

医師が記載した袖ケ浦市特別の理由により免疫が消失した者に対する任意予防接種費用助成対象者認定に係る意見書(第3号) [Wordファイル/45KB]