ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 健康・医療 > 健診・検診 > 2019年度(平成31年度)子宮がん個別検診のご案内
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > くらしのメニュー > 健診・予防接種 > 2019年度(平成31年度)子宮がん個別検診のご案内

2019年度(平成31年度)子宮がん個別検診のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日

 市ではがんの早期発見・早期治療のため、下記のとおりがん検診を実施しています。職場等で受診する機会のない方は、ぜひこの機会に受診してください。
 過去2年以内に受診されたことがある方、既に新規で申し込みをされた方には、3月下旬に受診券をお送りしました。
 新たに受診を希望する方は、健康推進課、ながうら健康福祉支援室、ひらかわ健康福祉支援室窓口へお申し込みください。

 他の検診に関しては成人向け検診・健康診査の案内のページをご覧ください。

対象者       

20歳以上の女性(2020年3月31日時点の満年齢です)

検診内容     

子宮頸部検査

問診、視診、子宮頸部の細胞診(細胞の採取)   

子宮体部検査

上記の子宮頸部検査に加え、子宮体部の細胞診(細胞の採取)
※ただし、子宮体部検査は、本人が希望し、医師が必要と認めた場合のみ、実施します。

実施場所     

個別協力医療機関(木更津市、君津市)
※個別協力医療機関一覧は、検診申し込み時にお知らせします。  

実施期間     

2019年(平成31年)4月1日から2020年1月31日まで

※子宮がん検診は個別検診(各医療機関で実施)だけではなく、集団検診(各公民館等で実施)も実施しています。
※集団検診の受診を希望される方は、集団検診実施時期(8月から9月、11月)前に健康推進課にお申し込みください。
※8月から11月にかけて、乳がん集団検診と子宮がん集団検診を同日に受診できるレディースがん検診を実施します。予約制のため、申し込みが必要となりますので、そちらを希望される方は、広報7月1日号またはホームページ(7月1日公開)で詳細をご確認ください。
個別検診と集団検診の両方を受診することはできません。1年間にどちらか1回のみです。

自己負担金    

子宮頸部検査:800円 (子宮体部検査も実施の場合は、追加で800円の自己負担金がかかります。)

※受診時に医療機関窓口でお支払いください。
※70歳以上の方(昭和25年3月31日以前の生まれの方)は無料(申請不要)です。
※市民税非課税世帯、生活保護世帯、または震災等で市内に避難されている方は、事前の申請により自己負担金が免除されます。
 詳細は成人向け検診・健康診査の案内のページの「負担金の免除」をご覧ください。

受診にあたっての注意事項

受診できない方

  • 子宮全摘出をされて子宮頸部がない方
  • 子宮の病気で治療中の方
  • すでに自覚症状のある方
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある方
  • 2019年度(平成31年度)の市が実施する子宮がん集団検診を受診した方、または受診する予定の方
  • 2019年度(平成31年度)に人間ドック等で、子宮がん検診を受診した方、または受診する予定の方

受診時の注意

  • 3日前より膣洗浄は避けてください。入浴は差し支えありません。
  • 検診時の服装については、スラックス(ズボン)等の着衣は避けてください。
  • 性経験のない方は、検査時に出血や痛みを伴う場合があります。