ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 健康・医療 > 健診・検診 > 令和3年度胃がん集団検診のご案内
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > くらしのメニュー > 健診・予防接種 > 令和3年度胃がん集団検診のご案内

本文

令和3年度胃がん集団検診のご案内

印刷用ページを表示する 更新日:2021年4月1日

 市ではがんの早期発見・早期治療のため、下記のとおりがん検診を実施しています。
 過去2年度以内に受診されたことがある方、すでに新規で申し込みをされた方には3月下旬から4月上旬にに受診票をお送りしています。
 (令和3年度に限り、過去3年度以内に受診した方に送付しています。)
 新たに受診を希望する方は、健康推進課、ながうら健康福祉支援室、ひらかわ健康福祉支援室窓口へお申し込みください。

他の検診に関しては成人向け検診・健康診査の案内のページをご覧ください。

◆新型コロナウイルス感染症の拡大により、
 ・検診を中止・延期する場合があります。(中止の場合、対象地区の振替はありません。)
  最新の日程は日程表をご覧ください。
 ・定員に達した場合は、受付時間内でも受診をお断りすることがありますのでご了承ください。
 ・当日の体調確認やマスクの着用等、受診する方にも感染症対策にご協力いただきます。
 ・会場が混雑する場合は、番号札配布後にお車でお待ちいただくことがあります。
 

【重要】感染症対策にご協力ください

感染症を予防するため、次のとおり対策を実施します。
ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 (1)検温、健康観察の実施
  来場者全員に検温と健康観察を実施します。
  体調不良や感染リスク等で7つの項目のいずれかに該当する場合は受診をお断ります。
  詳しくは「受診できない方」の項目を確認してください。

 (2)社会的距離(ソーシャルディスタンス)の確保
  会場内では座席間隔を広く確保するなど、三密を緩和するよう心がけています。
  混雑する場合は、番号札配布後にお車でお待ちいただくことがあります。
  また、来場時は、以下の点についてご協力ください。
   ・番号札配布前に入口付近で密集した状態での待ち方や整列はしないでください。
   ・会場に入るとき、周囲の方と間隔を取るよう心がけてください。
   ・検診の待ち時間などで周りの方との私語は控えてください。
   ・その他、三密にならないよう心がけてください。

 (3)マスクの着用
  検診会場内ではマスクを着用してください。
  やむを得ない理由がある場合を除き、マスクの着用にご協力いただけない場合は受診をお断りいたします。

 (4)スリッパの使用
  多目的ホールや多目的室で実施する場合は必ず会場のスリッパを使用してください

 (5)会場内の換気
  会場内は窓や扉を開放したり、定期的な換気を行ったりします。
  室内でも気温が高くなることが想定されますので、十分な熱中症対策をとってください。
  
(ただし、受診前の水分補給はできません。)
  体調が悪い場合は受診を控えてください。また、検診中に体調が悪くなった場合はすぐにお声掛けください。

 (6)検査着の貸出中止
  今年度は検査着の貸出しを行いませんので、検査に適した服装でご来場ください。
  検診できる服装がない方は、受診することができませんのでご了承ください。
  詳しくは「撮影時の服装」を確認してください。

 (7)水飲み場の撤去
  検診後、バリウムを排便するための下剤をお渡ししますが、水飲み場はご用意していません。
  必要に応じて飲み水を持ってきていただくか、ご帰宅後に早めに服用してください。
  なお、お渡しする下剤は服用後3~4時間程度で作用します。(効果には個人差があります)

 (8)検診車に乗る人数の制限
  三密を避けるため、検診車内に乗る方の人数を制限します。
  更衣スペースのカーテンも撤去していますので、着替えや身支度が必要な方には別室等をご案内します。

 (9)受診人数の制限
  検診後、おひとり毎に検診機材のアルコール消毒を行います。
  そのため検査に時間がかかり、受診できる人数が例年以上に制限されるため、
  受付時間内でも、定員に達した場合は受付を終了しますのでご了承ください。

 (10)その他
  その他、必要に応じて感染症対策の措置を実施いたします。
  ご理解とご協力をお願いします。

対象者       

40歳以上の市民(令和4年3月31日時点の満年齢です)

検診内容      

問診・胃部X線検査(バリウムを飲んで検査を行います)

番号札配布時間 

午前8時10分から10時 
※開始時間が変更となっていますのでご注意ください。
※番号札の順番で検診を行います。会場に到着しましたら、まず番号札を受け取るようお願いします。

問診開始時間  

午前8時30分から 
※番号札・問診開始時間は検診会場の状況により、早まることがあります。あらかじめご了承ください。

自己負担金    

500円 
※検診当日の受付時にお支払いください。おつりのないようご協力をお願いします。
※70歳以上の方(昭和27年3月31日以前の生まれの方)は無料(申請不要)です。
※市民税非課税世帯、生活保護世帯、または震災等で市内に避難されている方は、事前の申請により自己負担金が免除されます。
 詳細は成人向け検診・健康診査の案内のページの「負担金の免除」をご覧ください。

受診にあたっての注意事項

受診できない方

 安全で正確な検査を行うため、過去の既往歴や当日の体調によっては受診することができません。
 詳細は、通知文と合わせて送付する「胃がん検診受診上の注意」を確認してください。
 

   受診できない方の例

  • 受診時に市民ではない方
  • 過去1年以内に外科手術(切開や傷の縫合など)をされた方
    (術後1年経過後も通院中の場合は主治医の許可が必要です。)
  • 高血圧治療中の方で、処方された薬を飲んでおらず、会場で測定した血圧が
    最高血圧180mmHg、最低血圧110mmHgのいずれかを超える方

    (心臓病・高血圧の薬は、検診の2時間以上前に、200mL以内の水で必ず服用してください。)
  • 1年以内に憩室炎と診断され治療をうけたことがある方
  • 過去2か月以内に大腸ポリープを切除された方
  • 便秘症で3日以上排便がない方
  • 狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、腸閉塞、腸捻転の既往歴がある方
  • ペースメーカー使用の方で、主治医の確認が取れていない方
  • 検診の当日、糖尿病の薬を服用した方、インスリンを注射した方
  • 腎臓病(人工透析)などで水分制限を受けている方
  • 過去にバリウムにより発疹がでたり、気分が悪くなったことがある方
  • 妊娠中または妊娠の可能性のある方
  • すでに自覚症状のある方(病院での受診をお勧めします)
  • 胃腸の病気を治療中の方(主治医の確認が必要です)
  • 普段の飲食で頻繁にむせる方、以前検診を受診して誤嚥があった方(バリウムが肺に入る恐れがあるため)
  • 自力での立位の保持、撮影台での体制の維持ができない方
  • 今年度中に人間ドック等で、胃部X線検査や胃内視鏡検査を受診した方、または受診する予定の方
     

  また、上記に該当しない方でも感染症対策の観点から次に該当する場合はご受診をお断りいたします。

  • 37.5度以上の発熱がある方(ご自宅で体温測定をお願いします。会場でも測定します。)
  • だるい、息苦しいという症状がある方
  • 原因がわからないが、味やにおいを感じない方
  • 下痢などの消化器症状が4,5日続いている方
  • 発熱や風邪の症状を抑える薬を飲んでいる方
  • 1か月以内に海外渡航歴のある方
  • 新型コロナウイルスの濃厚接触者とみられる方
  • マスクの着用にご協力いただけない方
  • 検査できる衣服がない方(検査着の貸し出しはできません。)
  • 受付時間内でも、当日の定員に達した場合は受診をお断りいたします。

検診の前日

  • 夕食は脂っこいものを避けてください。
  • 夜10時から検診受診時まで食事(飴やガム等を含む)、喫煙をしないでください。
  • 水は就寝まで飲んでも差し支えありません。飲酒は避けてください。

検診の当日

  • 体温測定を行い、ご自身の体調を確認してください。
  • 検診受診時まで、飲食及び喫煙をしないでください。正しい検査結果が得られなくなってしまいます。
  • 水は検診開始2時間前までに200ml以内なら飲んでも差し支えありません。
  • 心臓病、高血圧等の薬を服用しなければならない方は、検診の2時間前までに200ml以内の水またはぬるま湯で必ず服用してください。

※薬の副作用等の不安がある方は、事前に主治医に当日の内服について相談しておいてください。

撮影時の服装

  感染症対策のため、今まで貸し出しをしていた検査着をお貸しすることができません。
  撮影できる服装がない方は受診することができませんのでご了承ください。

  • ボタン、金具等の付いていない無地のもの(Tシャツ等)、ウエストがゴムのものなどを着用ください。(腹巻、ガードル等は脱いでいただきます)
  • 胸から腰までに硬いもの(主に金属)をつけないでください。

撮影時の注意

  • 検診車内は狭くなっています。車内では係の指示で行動してください。
  • 検査台に立った後は、技師が指示をします。

撮影後

  • バリウムが長時間体内に残っていると排便しにくくなります。問診時にお渡しする下剤を服用し、便が出るまでは水分を多く摂ってください。検診当日から2から3日間はバリウムの混じった白い便が出ます。
  • 個人差で排便までの期間にズレはありますが、どうしても出ない場合や、腹部に違和感がある場合は、医療機関へ相談、受診をしてください。
     

保育について

 6月2日のみ保育を実施します。
 ※保育対象年齢は、生後3か月から未就学のお子さんで、検診車に乗車中のみ預かります。予約は不要です。

実施日程

 対象地区は、検診会場や検診車台数を考慮して設定しています。指定された日程で受診できない方は、他のご都合のよい日程で受診してください。(市への連絡は不要です。)
 なお、原則は男女別に検診を行いますが、検診車が1台(定員70名)の日程に限り、共用となります。(男女が同時に乗車することはありません。)
 ※会場の駐車場スペースには限りがあります。ご来場の際には公共交通機関のご利用、または乗り合わせにご協力ください。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、今後も一部の検診日程が中止・変更となる可能性があります。
 日程が中止になった場合でも対象地区の振替はいたしません。その場合は対象地区に限らずご都合の良い日程でご受診ください。
 ※中止となる日程は、月日の欄に【中止】と表示します。

 

令和3年度 胃がん検診日程表
月日曜日検診車
台数
定員会場対象地区(目安)
4月16日2140保健センター富士見台、牧場団地、神納まきば台、
坂戸市場、神納東区
4月17日3210保健センター神納1区(出津、下新田、旭、上新田)、
福王台(第1、第2)
4月19日3210保健センター全地区
4月21日2140平岡公民館川原井、永吉、野里、三黒、谷中
4月22日3210保健センター今井、高須、橘西区
4月26日2140平川公民館鹿島、小路、上宿、大鳥居、野添、山中
4月28日3210長浦公民館蔵波台(1~4丁目)
5月12日2140長浦公民館長浦駅前(1~4丁目)
5月16日3210長浦公民館長浦駅前(5~8丁目)
5月18日2140長浦公民館蔵波県営住宅、長浦県営住宅
5月19日2140長浦公民館蔵波台(5,7丁目)
5月22日2140長浦公民館代宿、浜宿団地、橘東区、スカイヒルズ
5月23日3210保健センター全地区
5月24日3210保健センター神納1区(松ヶ丘、嵯峨、箕和田)
福王台(第3~5)
5月26日2140平川公民館高谷、三箇、百目木、中下、成蔵、中川団地
6月1日2140長浦公民館蔵波、外野
6月2日2140保健センター【保育】奈良輪(第1~6)
6月3日2140長浦公民館蔵波台(6丁目)、ラミアール、久保田
6月5日2140保健センター袖ケ浦駅前
6月8日2140根形公民館飯富、三ツ作、下新田、大曽根
6月10日2140根形公民館勝、野田、岩井、のぞみ野
6月11日170富岡分館富岡地区
6月12日2140長浦公民館全地区
6月17日170平岡公民館永地、下泉、林、上泉
6月20日3210保健センター全地区
6月23日2140平川公民館全地区