ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > ガウラフォトクラブが袖ケ浦の魅力を紹介します 2017年12月

ガウラフォトクラブが袖ケ浦の魅力を紹介します 2017年12月

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月4日

ガウラフォトクラブのメンバーが撮影した写真を紹介します

 ガウラフォトクラブトップページに戻る

 

タイトル

東京ガウライナー

東京ガウライナーの写真

撮影者コメント

東京行がより便利になりました。
12月15日から、袖ケ浦駅北口~袖ケ浦BT~東京駅鍛冶橋駐車場までをつなぐ高速バス「東京ガウライナー」が運行を開始しています。
東京ガウライナーは、袖ケ浦北口2番乗り場からの出発です。
ちなみに、東京ガウライナーには、ぬいぐるみガウラも乗車しています。

撮影者

小島 良一 さん

撮影場所

袖ケ浦駅北口ロータリー

タイトル

リングになったアーチ

海浜公園展望台から見たアーチとその影の写真

撮影者コメント

久しぶりに海浜公園に行ってきました。
展望台から撮影するために登っている途中、入り口方向を見ると、偶然アーチと影がリング状になった面白い画像を撮ることができました。

 

撮影者

中島 有侍 さん

撮影場所

袖ケ浦海浜公園(南袖36)

タイトル

緑地帯の紅葉

緑地帯の紅葉の写真

撮影者コメント

臨海スポーツセンターから陸運局前までの16号線に並行し、緑地帯が広がっています。
国道脇ですが、静かで、木は大きく、様々な種類があり、紅葉も進んでいました。



 

撮影者

高田 宏二 さん

撮影場所

ちば里山センター

タイトル

イルミネーション点灯

イルミネーション点灯式における長浦エアロキッズのダンスの写真
長浦駅南口ロータリーのイルミネーションの写真

撮影者コメント

12月16日(土曜日)午後、イルミネーション点灯式が駅前の大型店駐車場で開催されました。
長浦エアロキッズのダンス、拓大紅陵高等学校吹奏楽部のマーチング等があり、その後イルミネーションの点灯が行われました。
イルミネーションは、3月31日(土曜日)まで点灯させるそうです。大きなツリー状のイルミネーションは豪華で必見です。

撮影者

芳野 政治 さん

撮影場所

長浦駅南口 ロータリー

タイトル

落ち葉焚き

光福寺(三箇)境内の竹林に煙る落ち葉焚きの写真

撮影者コメント

今月も寺院巡りをしました。
三箇にある光福寺に行ったところ、境内で竹林に煙る落ち葉焚きの光景に出会い、小春日和のほのぼのとした初冬の情景を撮影しました。

撮影者

中島 有侍 さん

撮影場所

三箇

タイトル

ある日の市役所庁舎と富士山

a

撮影者コメント

晴れた日には富士山、アクアライン、対岸のベイブリッジ、都内の高層ビル群が、そして運が良ければ日本第二の高峰・北岳が一望できる絶景ポイントです。
この日はあいにく絶景ではありませんでしたが、市役所庁舎が印象的です。

撮影者

三浦 邦夫 さん

撮影場所

福王台の高台

タイトル

光の祭典

a

撮影者コメント

今年の東京ドイツ村イルミネーションのテーマは「メルヘン・~ときめきスマイル~」です。
園内を埋め尽くす光の世界を演出するイルミネーションは圧巻です。

 

撮影者

品田 文雄 さん

撮影場所

東京ドイツ村

タイトル

坂戸神社の森・夕暮れ

a

撮影者コメント

坂戸神社の森は、開発の進んだ京葉地帯ではもっとも規模が大きい広葉樹林で、千葉県指定天然記念物になっています。スダジイ、モミ、ツガなどが生い茂っていて、貴重な森となっており、標高40メートルの台地に坂戸神社があります。
7月には祭礼が行われ、この時はにぎやかな森になります。

撮影者

小島 良一 さん

撮影場所

富士石油社宅西側道路

タイトル

夕暮れ時

a

撮影者コメント

夕日がきれいな季節なので、ちょうど沈むのを待って撮影しました。
冬の夕日は空気がすんでいる日は特にきれいで、農道から眺望するのがおすすめです。

撮影者

渡邉 律子 さん

撮影場所

飯富地区

タイトル

菜花の若葉

a

撮影者コメント

市との協働事業として進めている空地への植栽活動、菜花の若葉が地面一杯に広がり、来春の青空と富士山を背景にした一面まっ黄色な菜花畑が楽しみです。

撮影者

三浦 邦夫 さん

撮影場所

広域農道浮戸川沿いの空地

タイトル

水平線がはっきり見える

海浜公園から見る夕日と富士の写真

撮影者コメント

空気が冷え込み、湿度が低くなるのを待って撮影しました。水平線がはっきりと見え、とても綺麗でした。

撮影者

高田 宏二 さん

撮影場所

袖ケ浦海浜公園(南袖36)