ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 産業・事業者 > 産業振興 > 農業 > 農業センター ステップアップ講座実施報告(2022年)

本文

農業センター ステップアップ講座実施報告(2022年)

印刷用ページを表示する 更新日:2022年8月4日

2022年度

トラクターで畑を耕す様子の写真ソラマメの種をポットで育苗した写真農業センターで栽培したジャガイモの写真マルチの端に鍬で土を乗せて押さえる作業の写真試験栽培で栽培したニンジンの写真畑の草取りをする様子の写真

ステップアップ講座は「野菜栽培講習会」を受講し修了した方が、販売へ向けて年間を通した野菜作りをする講座です。

ここでは実施した講座の内容を、簡単に紹介し報告しています。

何の野菜を作るか選び、播種・育苗・栽培・収穫・次の作付けへと考えて協力しながら実践するものです。

毎週金曜日、ほ場(畑)を使って栽培管理し、収穫した物を販売する時の袋詰めなどを行ないます。

6月17日(金曜日) 9時30分から

 

第6回、受講生がサトイモの植え直しをしている写真第6回、受講生がトマトの手入れをしている写真第6回、受講生がナスの手入れをしている写真第6回、受講生がキュウリの手入れをしている写真

第6回『ステップアップ講座』です。

ほ場の里芋がカラスの鳥害にあったため、別の畑に植え直ししました。

また、イラガについて説明があり、幼虫は葉の裏に寄生し食害するため、表から見ると葉に白く透けたような斑点ができること、幼虫のトゲには毒があり、触れるとビリビリするような痛みが走るので、葉に透けた斑点を見つけたときは注意が必要との事でした。

インゲンの出荷では太さと長さをそろえ、袋詰めするときは向きを同じにすること、先端が折れないよう注意すること等の説明がありました。

蒸し暑い日でしたので、時々休憩を取りながら、最後はキュウリ、ナスなどの間引き、誘引を行いました。

次回は、7月1日に開催する予定です。

6月3日(金曜日) 9時30分から

 

第5回、受講生がトウモロコシの生育状況の確認をしている写真第5回、受講生がネギの生育状況を確認している写真第5回、受講生がソラマメの片づけをしている写真第5回、受講生がピーマンのわき芽取りをする写真

第5回『ステップアップ講座』です。

はじめに、ほ場でトウモロコシやネギの生育状況を確認しました。

そら豆は、収穫が終わったので全員で片付けをしました。倒伏を防ぐための支柱は同じ種類のものをまとめ、支柱間に張られたテープは再利用するため丸めておきます。次に、そら豆の茎を引き抜き、講座生が一輪車で堆肥舎近くに運搬、最後にマルチをはがして完了です。

ピーマン、トマト、キュウリの手入れでは、講座生同士で確認を取りあい、不明な点は指導員に聞きながら脇芽取りを実施しました。

次回は、6月17日に開催する予定です。

5月27日(金曜日) 9時30分から

ステップアップ講座(第4回)、座学を受ける講座生の写真第4回『ステップアップ講座』です。

雨天のため、実習室で実施しました。第3回講座が雨天で中止となったため、約1か月ぶりの開催です。

営農指導員から、トマト、ナス、ピーマンは植えたので、今後は管理が中心となること、大根、ニンジン、ブロッコリー、白菜などを植える予定ですが、品種については講座生の皆さんで決めて頂きます、との話がありました。

また、べと病予防について、過繁茂を避ける、トンネル栽培では換気に気を付ける、十分な水量の予防散布などが大切との説明がありました。

受講生からの質疑応答では、ナスの肥料焼けについて、根の周辺に施肥をすると肥料に水分を取られるので避けた方が良い、もみ殻を鋤き込むと排水性は良くなるが、もみ殻が発酵する段階で肥料の成分を消費する、曇天が続き日照不足になると光合成能力が低下するため、鉄分補給剤などを上手に使うとよいとの説明がありました。

次回は、6月3日に開催する予定です。

 

5月13日(金曜日) 雨天中止

第3回『ステップアップ講座』は、雨天のため中止となりました。

4月22日(金曜日) 9時30分から

 

第2回、受講生がトウモロコシの説明を受けている写真第2回、ソラマメの生育状況の写真第2回、カボチャの苗を移植する準備の写真第2回、カボチャの移植作業をする写真

第2回『ステップアップ講座』です。

前回から2週間が経過し、その間の野菜の成長について学びました。

トウモロコシの発芽温度は30℃のため今の時期はマルチが必要なこと、土中の水分は気温が上がると蒸発してマルチの内側に水滴となって留まり、気温が下がると滴下して土中に戻るということを繰り返すとのことでした。
また、そら豆は柔らかい葉にアブラムシが付きやすいこと、そら豆の種は高価なので出来のいい株は種用にとっておくと良いそうです。

次に、前回受講生が植えたカボチャ、ズッキーニを移植のためガラスハウスから搬出し、ビニールハウスで作業をしました。
移植では、土の量が異なるとポットの乾き方に差が出るため均一になるよう気を付けること、水やりでは水温に注意し葉にかからないよう注意することなどの説明がありました。

次回は、5月13日に開催する予定です。

4月8日(金曜日) 9時30分から

 

第1回、開校式の写真第1回、ほ場(畑)の説明の写真第1回、施肥の様子の写真第1回、マルチ張りの実習の写真

第1回『ステップアップ講座』が始まりました。

野菜栽培講習会の受講修了生を対象に募集し、7名を決定しました。

開講式では簡単な自己紹介をしていただき、室内で講義を行いました。

屋外では、ガラスハウスやビニールハウスを見学し、作物の生育状況や管理作業、農機具の保管場所や使い方などの説明を行いました。
ほ場(畑)では、講座生の皆さんが順番に肥料の計量、施肥、管理機を使用したマルチ張りの実習をして終了しました。

次回は、4月22日に開催する予定です。