ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 健康・医療 > 予防接種・感染症 > ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 戸籍・住民票・証明 > 各種証明書・閲覧 > ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)

本文

ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)

印刷用ページを表示する 更新日:2021年7月16日

ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

 7月26日から受付を開始するワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の交付は、海外渡航の予定があり、袖ケ浦市が発行した接種券を用いて接種した方に、郵送で新型コロナウイルスワクチン接種証明書を交付します。

 また、医療従事者の方など接種券付き予診票でワクチン接種をされた方については、接種当日に住民票があった自治体からワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の交付を受けることとなります。

 なお、原則当日発行はしません。受付してから発行までは1週間程度お時間がかかります。

証明書の交付対象となる方

次の(1)(2)の両方に該当するかたが対象となります。

(1)海外渡航を予定しており、各国への入国時の防疫措置の緩和等のために、本証明書を必要とする方

(2)袖ケ浦市が発行した接種券を用いて接種し、袖ケ浦市に接種記録がある方(接種日当日、袖ケ浦市に住民登録していた方)

※以下の方は現時点では発行の対象外です。
 ・海外渡航を予定していない方(当面の間)
 ・国外等で接種を受けた方(日本の予防接種法に基づかない接種を受けた方)
 ・外務省による海外在留邦人の一時帰国者を対象とした事業で接種を受けた方(この要件に該当する方の証明書の発行については、外務省までお問合せください。)

※いずれの国や地域への渡航時に活用できるかについては、外務省ホームページ(外部リンク)からご確認ください。

申請に必要な書類

(1)申請書 (申請書様式 [PDFファイル/71KB])(申請書様式Excel [Excelファイル/34KB]

(2)海外渡航時に有効な旅券(パスポート)の写し(旅券番号、姓名、国籍が記載されているページ)※1

(3)接種券のうち「予診のみ」部分の写し※2

(4)接種済証または接種記録書の写し

(5)本人確認が確認できる書類(返送先住所が確認できるもの)
  なお、返送先は原則として、住民基本台帳上の住所地となります。

(6)切手貼り付け済みの返信用封筒
  ※宛名の記載と必要料金分の切手(定型封筒であれば84円)を貼っていただくようお願いいたします。
 

※1
 接種証明書に記載されるパスポート番号と海外渡航に使用するパスポートの番号が一致する必要があります。
 接種証明書を取得した後にパスポート番号が変わった場合には、接種証明書を改めて取得する必要があります。
 旅券発給申請中の方は、パスポートが交付された後に接種証明の申請を行ってください。

※2
 (3)がない場合、原則としてマイナンバーが確認できる書類(マイナンバーが記載された住民票の写し等)が必要です。
 マイナンバーが確認できる書類が提示できない場合は、接種を受けた時の住所が記載された本人確認書類でもかまいません。

場合によって提出が必要な書類

(1)代理人による請求の場合(本人以外の申請には必要となります。)
 ・委任状(委任状様式 [Wordファイル/13KB])、あるいは法定代理人であることを証する書類等
 ・代理人の身分を証する書類(運転免許証など)


(2)旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合
 旧姓・別姓・別名が確認できる書類(運転免許証、戸籍、住民票の写し等)をご用意ください。

申請受付先

(1)郵送受付先
 〒299-0292
 千葉県袖ケ浦市坂戸市場1-1
 袖ケ浦市役所 市民課 ワクチンパスポート申請受付担当

(2)窓口受付先
 袖ケ浦市役所 市民子育て部 市民課

主な証明内容

・氏名
 ※外字(パソコンでの表現が難しい文字)が含まれている方は代用文字での表記とさせていただきます。
・生年月日
・旅券番号
・ワクチン接種日等

ご注意ください

原則当日発行はしません。受付してから発行までは1週間程度お時間がかかります。

・接種事実の確認が困難な場合は1週間以上、発行まで時間が必要となる場合があります。

・申請に必要な書類は返却しませんので、原本等を送ることのないようご注意ください。

・接種証明書を所持していないことをもって、海外への渡航ができなくなるものではありません。

・この接種証明書は、接種証明書を提示することにより防疫措置の緩和等が認められる国や地域に渡航する場合に限って申請していただくようお願いいたします。

・ワクチンを接種するかしないかは個人の判断であり、接種証明書の発行により、ワクチン接種を強制するものではありません。

・旅券番号が変わった場合は、改めて接種証明書の交付が必要となりますのでご注意ください。

・この接種証明書を所持することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。
 いずれの国や地域への渡航時に活用できるかについては、外務省ホームページ(外部リンク)において公表されます。

・現時点では、接種証明書を持っていることによって日本への入国時の防疫措置が緩和されることはありません。
 日本の入国時の防疫措置については、「水際対策に係る新たな措置について」のページでご確認ください。

問合せ先

(1)接種証明書の一般的・制度的事柄に関する質問
 厚生労働省 新型コロナウイルスワクチンに係る電話相談窓口(コールセンター)
 電話番号:0120‐761770

(2)接種証明書の発行窓口や個別の手続き方法
 袖ケ浦市役所 市民課
 電話番号:0438‐62‐2970

(3)新型コロナウイルスのワクチン接種に関すること
 袖ケ浦市役所 健康推進課 新型コロナウイルス対策支援室
 電話番号:0438‐62‐2323

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)