ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 健康・医療 > 予防接種・感染症 > 風しんの追加的対策(成人男性)を実施します
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > くらしのメニュー > 健診・予防接種 > 風しんの追加的対策(成人男性)を実施します

風しんの追加的対策(成人男性)を実施します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月1日

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性に対する風しんの抗体検査及び予防接種が始まります。

袖ケ浦市では、国が2022年3月31日までの3年間にわたって、特定の年齢の男性に対して、風しんの抗体検査及び予防接種を実施する方針を示したことを受け、これまで予防接種を受ける機会がなく、抗体保有率が他の年代に比べて低い、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性を対象に、風しんの抗体検査を実施し、抗体検査の結果「十分な量の抗体がない」方に対して予防接種を実施します。

対象者

昭和37年4月2日~昭和54年4月1日までの間に生まれた男性(検査日及び接種日において袖ケ浦市に住民票がある方)

※平成31年度(2019年度)については、昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性
※対象者には、抗体検査と予防接種のクーポン券を5月下旬から送付します。
 また3年間で段階的に実施するため、今年度は昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性に送付します。
 なお、昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までに生まれた男性にも、希望者にはクーポン券を発行しますので、必ず事前
 に健康推進課ご連絡ください。

 

実施期間

   2019年4月~2022年3月31日(3年間)

費用

   無料

風しんの抗体検査等を受ける手順

1.市からクーポン券が届く

 対象者のうち昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に、令和元年5月下旬に市から「クーポン券」を送付します。(なお、昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までの間に生まれた男性には、2020年4月以降に送付をする予定です。)

 クーポン券を全国共通の集合契約に参加している医療機関(以下実施医療機関)に持参することで、風しんの抗体検査及び予防接種を受けることができます。また、会社の健康診断や特定健康診査と同時に受けることも可能です。

※抗体検査及び予防接種を受ける場合には、必ずクーポン券が必要になりますのでお持ちください。

 袖ケ浦市から他市に転出した方は、袖ケ浦市のクーポン券は使えませんので転出先の市町村でクーポン券の発行を依頼してください。また、袖ケ浦市に転入した方は、袖ケ浦市のクーポン券を発行しますので健康推進課までお問い合わせください。

 

2.風しんの抗体検査を受ける

 風しんに対する抗体が十分かどうかを調べるために、まずは風しんの抗体検査を受けます。事前に実施医療機関に「クーポン券」を持っていることを伝えたうえで予約をし、受診当日は必ず「クーポン券」、本人が確認できる書類(健康保険証等)を持参してください。

 

3.風しんの予防接種を受ける

 抗体検査を受けて、十分な量の抗体がないと判断された方は、麻しん風しん混合(MR)ワクチンの接種を受けてください。接種当日は必ず「クーポン券」を持参してください。なお、ワクチンの在庫の状況により、すぐに接種を受けることができない場合もありますので、予防接種を受ける際は必ず事前に実施医療機関に確認をしてください。

 ※抗体検査を受けずに予防接種を受けた方は助成対象外となります。接種費用は自己負担となりますのでご注意ください。
 

実施医療機関

 全国の実施医療機関で受けることができます。実施医療機関の一覧は下記リンクの厚生労働省ホームページ内で確認してください。

厚生労働省ホームページ(外部リンク)