ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 住まい・建築 > 住宅・建築 > 住宅宿泊事業(民泊)に伴う「マンション標準管理規約」の改正について
ホーム > 分類でさがす > 産業・事業者 > 産業振興 > 観光業 > 住宅宿泊事業(民泊)に伴う「マンション標準管理規約」の改正について

住宅宿泊事業(民泊)に伴う「マンション標準管理規約」の改正について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月19日

住宅宿泊事業(民泊)に伴う「マンション標準管理規約」の改正について

平成29年6月に住宅宿泊事業法が成立し、平成30年6月15日に施行されました。

 この法律が施行されたことにより、分譲マンションにおいても住宅宿泊事業(民泊)の実施が可能となりました。またそれに伴い分譲マンションにお住まいの皆さんが快適な生活を送れるように定めているマンション管理規約のモデルとなっている「マンション標準管理規約」が改正されました。

 この改正では、民泊を認める場合と禁止する場合の改正例が示されています。分譲マンションにおける住宅宿泊事業(民泊)をめぐるトラブルや苦情を防止するためには、民泊を可能とするか、禁止するかを、あらかじめマンション管理組合において、区分所有者間でよく議論いただき、マンション管理規約上定めるようにしてください。

住宅民泊事業に伴う「マンション標準管理規約」の改正について(国土交通省HP)

マンション管理について(国土交通省HP)