ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 上下水道 > 上水道 > 水道事業の第3次中期経営計画

水道事業の第3次中期経営計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月16日

  老朽化する水道施設の更新をはじめとして水道事業が取り組むべき施策・事業を計画的に実施するとともに、経営の健全性を確保するため、第2次計画に引き続き策定するものです。

袖ケ浦市水道事業第3次中期経営計画 [PDFファイル/722KB]

概要

(1)計画策定の期間

 平成27年度から平成30年度まで

(2)現状と課題

 第2次計画で取組んだ項目、施策については概ね順調に進展しましたが、水需要の減少や水道インフラの更新、水質管理、危機管理対策、経営の効率化と活性化など、第3次計画で引続き取組むべき課題が残っています。

(3)事業運営の目標

  • 信頼される水道サービス
  • 経営意識の向上
  • お客様との情報の共有

(4)事業計画

  • 安定給水の確保
  • 安全な水の供給
  • 健全経営の維持
  • 情報公開
  • 人材育成

(5)財政計画

 平成22年6月の料金改定後も水道需要のさらなる減少により厳しい経営状況が続いていますが、経営努力と、市の一般会計から料金補助金による支援を引き続き受けることで、現行の水道料金を維持していくこととし、次のとおり財政収支計画を策定しました。

(6)第3次中期経営計画の中間報告について(平成30年3月)

 第3次中期経営計画の中間報告 [PDFファイル/1.6MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)