ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 上下水道 > 上水道 > 平成26年度 水道事業会計決算
ホーム > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市政運営 > 決算 > 平成26年度 水道事業会計決算

平成26年度 水道事業会計決算

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月6日

営業

給水状況は、給水区域内人口 60,874人に対して、給水人口59,698人で前年度比93人増、普及率は98.1%で前年と比べ0.1ポイント増となりました。年間給水量は、7,149,409m3で前年度比 0.2%増(17,213m3)、有収水量は6,474,683m3で前年度比 1.7%減(△109,487m3)となり、有収率は90.6%と前年度より1.7ポイント低下しました。原因としては、事業用水と不明水の増加等によるもので、不明水については、漏水調査を行い改善を図りました。

建設改良

建設工事は、老朽管更新工事、配水管布設替工事および上泉加圧場の改修工事等を行ないました。

計理

収益的収支において、営業収益1,402,584,957円、営業外収益445,833,701円を合わせた事業収益1,848,418,658円に対して、営業費用1,746,938,275円、営業外費用132,295,480円、特別損失7,621,435円を合わせた事業費は1,886,855,190円となり、38,436,532円の純損失が生じました。

一方、資本的収支においては、資本的収入額439,417,800円に対して、資本的支出額は934,290,905円となり、収入額が支出額に不足する額494,873,105円は、過年度損益勘定留保資金453,028,063円、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額41,845,042円で補てんしました。

資料のダウンロード

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)