ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 相談 > 消費生活相談 > 消費者行政についての市長表明

消費者行政についての市長表明

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月3日

消費者行政推進体制の整備・強化に向けて 

 袖ケ浦市では、「誰もが暮らしやすい地域の実現」を目指し、各種の施策を展開していますが、施策の一つとして「消費者行政」があります。

 近年、インターネットの普及等により、様々なサービスが提供され、消費生活が便利になる一方で、商品購入等に伴う契約トラブル、若年層や高齢者を狙った悪質商法や特殊詐欺などの被害も増加し、その手口は複雑化、多様化しています。

 これまでも、千葉県消費者行政推進事業補助金を活用し、市民の皆さんが安全に安心して暮らせる地域社会を目指し、消費生活センターを設置して、専任の相談員による相談業務を行っています。

 また、出前講座などによる悪質・巧妙化する詐欺被害等を未然に防止するための啓発や、広報紙での消費者トラブルの事例紹介など、啓発活動にも取り組んでいます。

 基金等活用期間経過後も、地域や関係者の皆様との連携を深めながら、市民の皆さんに安全で安心した消費生活を送れるよう、消費生活相談体制の維持・充実に努めてまいります。

 

 令和2年2月3日

                                                                 袖ケ浦市長 粕谷 智浩