ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉 > 障がい者福祉 > 指定難病が338疾病に拡大しました

本文

指定難病が338疾病に拡大しました

印刷用ページを表示する 更新日:2021年11月4日
 難病医療費助成制度の対象疾病(指定難病)は2021年11月から338疾病に拡大されました。

指定難病について

◆指定難病に関する情報については、下記の「難病情報センター」のホームページをご覧ください。

厚生労働省http://www.nanbyou.or.jp

・都道府県・指定都市ごとの相談窓口

・都道府県・指定都市ごとの難病指定医や難病指定医療機関

・指定難病の疾病概要や診断基準

難病医療費助成について

◆「難病医療費助成」の申請方法について詳しくは、下記の千葉県のホームページをご確認ください。

千葉県https://www.pref.chiba.lg/jp

 

袖ヶ浦市難病患者療養見舞金支給制度について

◆袖ケ浦市に住民票のある、下記の対象者に見舞金を支給します。

県から受給者証が交付された後、障がい者支援課の窓口で見舞金の認定申請手続きが必要です。

事業名

対象者

内容

難病患者療養見舞金

特定疾患等と認定された者で1ヵ月以上継続的に入院または通院治療を受けている者
(※保健所が交付した「特定疾患医療受給者証」「小児慢性特定疾患医療受給券」・「先天性血液凝固因子障害受給者証」のいずれかと、見舞金の振込先がわかる通帳をお持ちください。)

申請日の翌月の診療分から、支給の対象となります。

また、受給者証の更新とともに、毎年、「受給者証」もしくは「受給券」の写しの提出が必要です。

支給月 9月、3月(年2回)

月20日以上の入院は、月額7,000円
月20日未満の入院もしくは月1日以上の通院は、月額3,500円

 下記の福祉手当を受給している場合は、支給対象とはなりません。

  • 特別児童扶養手当
  • 障害児福祉手当
  • 特別障害者手当
  • 国民年金法等の一部を改正する法律(昭和60年法律第34号)附則第97条に規定する福祉手当
  • 特定疾患特別介護手当支給要綱(昭和49年6月21日千葉県要綱)に定める介護手当
  • 袖ケ浦市重度心身障害者福祉手当支給条例に定める福祉手当
  • 袖ケ浦市心身障害児福祉手当支給条例に定める福祉手当

*ご不明な点は、障がい者支援課にお尋ねください。