ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・消防 > 消防 > 消火器、住宅用火災警報器の不正取引にご注意を!

消火器、住宅用火災警報器の不正取引にご注意を!

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月19日

 消火器等の不正取引情報について

消火器の不正取引業者のイラスト

毎年全国各地で消火器の訪問販売や点検による被害が多発しています。
その手口は巧妙であり、消火器の販売及び点検を行った後、高額な請求をしてきます。
また、女性やお年寄りを対象に訪問して「消防署の方から来ました。」などと言葉巧みに販売していきます。
住宅用火災警報器の場合では、「設置が義務付けられた。」と家に上がりこみ、住宅用火災警報器を複数取りつけて高額請求する事例も報告されています。

被害に遭わないための注意点

  1. 消防本部及び消防署では消火器の販売(あっせんを含む)、点検は一切行っていません。
  2. 一般家庭に消火器の設置義務、点検する義務はありません。
  3. あやしいと感じたらはっきり断りましょう。
  4. 料金をその場で支払ったり、契約書にハンコを押さない。

消火器等の購入を検討中の方へ

訪問販売での販売価格はとても高額なことが多いです。消火器や住宅用火災警報器の購入を検討中であればお近くの消防設備業者またはホームセンターでの購入をお奨めします。