ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・消防 > 消防 > 解体前の袖ケ浦市職員住宅と教職員住宅で消防活動訓練を実施します!

解体前の袖ケ浦市職員住宅と教職員住宅で消防活動訓練を実施します!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月18日

解体前の市職員住宅と教職員住宅で消防活動訓練を行います

消防業務の知識・技術の向上と再確認などを目的に、解体前の市職員住宅・教職員住宅で、実際に建物を使用して消火訓練や救助訓練を実施します。
既存の建物を利用して災害を想定した消防活動訓練を実施することで、消防職員の知識・技術の向上を図ります。

複数の消防車両の通行や、訓練時における粉塵(ふんじん)・作業音の発生が予想され、ご迷惑をおかけしますがご協力をお願いします。

訓練の内容

1 消火訓練
  火災を想定し建物内外で放水等を行います
2 人命検索訓練
  建物内に要救助者がいる想定で検索や救出等を行います
3 建物ブリーチング訓練(開口部設定訓練)
  倒壊した建物に要救助者がいる想定で、床や壁に開口部を開ける訓練等を行います

訓練の期間

平成29年7月25日(火曜日)から9月21日(木曜日)午前9時から午後5時の間(土日祝日は除く)
※当初7月18日(火曜日)からを予定していましたが、施設管理の都合で7月25日からとなりました。
【建物ブリーチング訓練】
平成29年9月6日(水曜日)、9月13日(水曜日)両日とも午前10時から午後3時まで(同一内容を2日間)

訓練場所

袖ケ浦市職員住宅・教職員住宅 袖ケ浦市坂戸市場1653-2

住民のみなさまへ

安全確保のため、一般の方の立ち入りはご遠慮ください。