ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市政運営 > 行財政改革・行政評価 > 公共施設のあり方を検討しています

公共施設のあり方を検討しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月27日

   市ではこれまで、市民サービスの向上と都市機能の充実を図るため様々な分野の公共施設整備を進めてきましたが、多くの施設で老朽化が進み、大規模改修や建て替え時期を迎えております。
   しかし、現在、低成長時代から世界的な景気後退を経て、自治体経営は大きな危機を迎え、税収の大幅な伸びは期待できず、また、歳出においては、医療・福祉関係の支出が増え、義務的経費や経常経費の比率が高まっています。そのような財政状況に加えて、施設の大規模改修や建替えが同時期に集中し、本市の財政に大きな負担となることが懸念されています。
   また、本市の公共施設が数多く建設された昭和50年代から60年代と現在では、少子高齢化の進行等、社会情勢の大幅な転換に相まって、行政サービスの需要も変化していることから、ここで今一度、将来を見据えた各施設の設置目的、適正規模等を検証し、公共施設のあり方について見直しを検討しています。

今までの取組み

「袖ケ浦市公共施設白書」の作成(平成25年3月)

   公共施設のあり方検討にあたって、施設の設置目的や、建物・コスト・利用の状況を可視化し、検討の基礎資料とするため「袖ケ浦市公共施設白書」を作成しました。

   袖ケ浦市公共施設白書[PDFファイル/1487KB]

「袖ケ浦市公共施設(建築物)の再編整備に関する基本方針」の策定(平成26年9月)

   「公共施設白書」を基礎にして、将来の人口構成や財政負担等を考慮した公共施設(建築物)の効率的な運営管理、統廃合や用途見直しなどの検討、指定管理者制度やPFIの導入などの判断を行うために、公共施設の建物及び経営等に関する評価(判定)手法など、公共建築物全体に関する維持管理及び再編整備の考え方等をまとめた基本方針を策定しました。

   袖ケ浦市公共施設(建築物)の再編整備に関する基本方針[PDFファイル/1488KB]

   (参考 : パブリックコメント手続実施結果のページ ・ 策定に係る答申のページ )

「袖ケ浦市公共施設(建築物)の再編整備計画」の策定(平成27年8月)

   「袖ケ浦市公共施設(建築物)の再編整備に関する基本方針」を基に、各施設における取組内容や計画期間をまとめた「袖ケ浦市公共施設(建築物)の再編整備計画」を策定しました。

  袖ケ浦市公共施設(建築物)の再編整備計画 [PDFファイル/1.03MB]

袖ケ浦市公共施設等総合管理計画の策定(平成28年8月)

 公共建築物のみならず道路や橋梁など、すべての公共施設等を対象として、その適正な維持管理を長期的な視点で計画的に行い、限られた財源の中で将来にわたって継続的に行政サービスを提供するため、「袖ケ浦市公共施設等総合管理計画」を策定しました。

   袖ケ浦市公共施設等総合管理計画 [PDFファイル/2.64MB]

現在の取組み

計画の推進【平成27年度~】

 将来の世代に過大な負担を残すことなく、行政サービスを継続的に提供するため、市民の皆様のご理解、ご協力をいただきながら着実な推進を図ります。また、「再編整備計画」については、実施期間が中長期に渡るため、社会情勢等の変化などを踏まえ必要に応じて適宜見直しを行います。

  公共施設(建築物)の再編整備計画に係る平成27年度の取組について [PDFファイル/156KB]

  公共施設等総合管理計画に係る平成28年度の取組について [PDFファイル/390KB]

  公共施設等総合管理計画に係る平成29年度の取組について [PDFファイル/439KB]

  公共施設等総合管理計画に係る平成30年度の取組について [PDFファイル/760KB]

「袖ケ浦市公共施設白書」の更新【平成30年度】

   平成25年3月に作成した「袖ケ浦市公共施設白書」のデータの最新化を図る目的から、「人口、財政の状況」「施設の状況」及び施設ごとの建物情報や経費などを掲載している「各施設の状況(個票)」を更新しました。

    袖ケ浦市公共施設白書【平成30年度年度更新版】 [PDFファイル/12.81MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)