ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市政協力員の活動

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月17日

コミュニティづくりの推進 市政協力員の活動に、ご理解とご協力を

   市では、地域の皆さんと行政との橋渡しをしていただくために、地域(区等)から推薦いただいた方に市政協力員をお願いしています。
   市政協力員には、市の非常勤特別職として次のような職務をお願いしています。

  • 市行政の周知伝達に関すること
  • 簡易な調査報告に関すること
  • 各種文書配布に関すること
  • 地域住民の建設的意見の連絡に関すること

   毎年4月下旬に市政協力員会議を開催し、市政協力員の職務について説明を行い、委嘱状を交付します。
   市政協力員の任期は、1年とします。(再任可)
   補欠により委嘱された者の任期は、前任者の残任期間とします。
   市政協力員が任期満了または任期中辞任しようとするときは、後任者が委嘱されるまで在任しなければなりません。

市政協力員の人数 172名

   市政協力員は市とのパイプ役で区長、自治会長以外がその役にあたることも可。
   区内での各種専任担当の指名や、各地区での意見を取りまとめて市に伝えたりする役割があるため、ほとんどが各地区の代表である区長・分区長・自治会長がその役を務めていただいております。
   報酬を、年2回に分けてお支払いします。
   上半期9月末と下半期3月末に各6カ月分まとめて口座振込します。

月額報酬

  • 29戸以下の区長:12000円
  • 30から49戸の区長:13000円
  • 50から99戸の区長:14000円
  • 100戸以上の区長:15000円

 

  • 29戸以下の分区長:11000円
  • 30から49戸の分区長:12000円
  • 50から99戸の分区長:13000円
  • 100戸以上の分区長:14000円

地区代表の人数 13名

   自治会向け回覧資料を発送するグループの代表です。
   市政協力員に準じた扱いをしています。
   市政協力員ではないため、委嘱状は交付しません。
   補助金、報酬などの対象ではありません。

 

市政協力員を経由して市からのお知らせを回覧しています。
市からの回覧物のページへのリンク
区・自治会では地元をよくしようと様々な活動をしています。
区・自治会の活動内容紹介はこちら