ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 市民活動・協働 > 人権・男女共同参画 > 男女共同参画セミナー「地域を元気にする自治会活動!」を開催しました(袖ケ浦市自治連絡協議会研修会同時開催)

男女共同参画セミナー「地域を元気にする自治会活動!」を開催しました(袖ケ浦市自治連絡協議会研修会同時開催)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月30日

令和元年度第1回男女共同参画セミナー「地域を元気にする自治会活動!」を開催しました。

日時

 令和元年6月23日(日曜日)13時30分から15時30分

場所

 長浦おかのうえ図書館 視聴覚室

講演(講師及び演題)

 東京都立川市大山自治会前会長 現相談役

 佐藤 良子 さん

 「大山自治会の活動について~住民に必要とされる自治会づくり~」

内容

講演

 「人を助け、人に助けられる自治会」を目指して取り組まれてきた大山自治会の活動について、お話をしていただきました。

 大山自治会では、自治会主催の夏祭りをはじめとした各種イベントの開催、また、様々なサークル活動を通して”仲間”をつくり、地域における課題の解決に向けて、住民が一体となって取り組まれているそうです。

 

住民活動を成功させる4つの柱


 (1) 住民が主人公となる。

 (2) 能力・技術・経験者の人材を活かす。

 (3) 工夫やアイディアを出し合う。

 (4) 活動をビジネスにつなげる。

 

 4つの柱をしっかりと立て、「向こう三軒両隣」を合言葉に、人と人とのつながりを大切に、そして自分たちにできることは、自分たちで行動していくことが大事であると教えていただきました。

 また、自治会組織に女性のリーダーが増えていくと、「雰囲気が和やかになるし、女性は気づくことが男性と違うので、女性と男性の視点がミックスされて、地域の活性化につながる。」とのお言葉もいただきました。

 元気とやる気をいただいた、楽しいセミナーでした♪

セミナー写真

 

セミナーに参加された皆さんの感想

 〇すべてのお話が「目からウロコ!」でした。理想の自治会があることを知ることができました。

 〇隣近所の大切さ(イベントの目的)等、基本を学んだ気がする。

 〇住民と向き合う姿勢、それと想いがあってもまわりをどう巻き込み、協力体制を作るか等、ヒントになる項目が多々あった。

 〇自分が住みたい自治会にしたい気持ち。自分たちの困りごとにしっかり目を向け、そのことの解決へ粘り強く取り組んでいることのすごさを感じた。

 〇これだけの成果を上げるには苦労があったことがよくわかった。やる気をもってあたっていきたい。

 〇袖ケ浦市自治会関係者が皆悩んでいるテーマを取り上げていただきありがとうございました。佐藤さんのリーダーシップと高い志が伝わってきました。