ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 市民活動・協働 > 人権・男女共同参画 > 男女共同参画セミナー「落語でほっこり。楽しく学ぼう!男女共同参画!!」を開催しました

男女共同参画セミナー「落語でほっこり。楽しく学ぼう!男女共同参画!!」を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月22日

平成29年度第1回男女共同参画セミナー「落語でほっこり。楽しく学ぼう!男女共同参画!!」

日時

 平成29年7月20日(木曜日)13時30分から

場所

 袖ケ浦市役所旧館3階大会議室 

講師及び演題

 国立女性教育会館客員研究員 西山恵美子氏
 「男女共同参画社会の実現に向けて」

演者及び演目

 袖ケ浦落語同好会 山田家きさっぺ氏
 「八五郎出世」

内容

 第1部は、「男女共同参画社会の実現に向けて」というテーマでお話を伺い
ました。
 
 男女共同参画は、人生すべてにかかわっており、生活に密着した問題
や課題です。講演会の画像
 まず、「男女共同参画」とはどういうことなのか、中身や課題がわからなけれ
ば推進できないということで現代が抱える社会的な問題(少子高齢化、
未婚化、育児・介護、非正規雇用、長時間労働の問題等)を具体的に
説明していただき、次に男女共同参画社会に求められていること
(女性の活躍、ワーク・ライフ・バランスの推進、まちづくりにおける女性の
視点等)についてお話をいただきました。

 人の生き方は押し付けられない、一人一人が能力を発揮し、幸せと思える社会
(男女共同参画社会)を実現するためには、   
 ○男女共同参画意識の醸成の推進
 ○固定的な性別役割分担意識の克服
 ○市民同士の共助(支え合う新たな人間関係の構築)
が必要であるとのことでした。

 参加者からは、会社経営者に対する男女共同参画の理解の促進や男女共同
参画という人権問題を、労働問題や経済問題にすり替えていないか、市町村は
何をするべきかなど、意見が出されました。

 また、このセミナーを通して自分の生活を見直すきっかけとなった、出産・育児落語の画像
がしにくいなど、女性の背景にある社会問題が取り上げられていたので興味深
かったなどの感想をいただきました。

 

 第2部は、気分一転。笑いあり、ほろり涙ありの古典落語を聞きました。
 参観者の笑顔と笑い声で、とても和やかな雰囲気のもと、楽しい時間を過ごす
ことができました。

 

 

 

 

 

 

参加者のご意見、ご感想など

 セミナー終了後のアンケートでは、男女を問わず40%以上の方から「防災対策を考える中で、参画できる機会があったら参画してみたい。」との回答がありました。
 また、「改めて防災について考える機会となった。」や「被災地での経験談を聞くことができて、とても良かった。」などの感想をいただきました。