ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 産業・事業者 > 産業振興 > 農業 > 緑のカーテン生長の記録(2020年)

緑のカーテン生長の記録(2020年)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月5日

農業センター緑のカーテン設置写真ゴーヤ(ニガウリ)の黄色い花にモンシロチョウが蜜を吸いに来ている写真ゴーヤ(ニガウリ)の雌花に自然受粉で、実が出来始めている写真ゴーヤ(ニガウリ)の濃い緑色をした実が葉の中に横たわる様子の写真ゴーヤ(ニガウリ)の実が緑から濃い黄色に熟して割れ、中の赤い種が見える写真ゴーヤ(ニガウリ)の実が、緑色の葉の中で黄色く熟した様子の写真

啓発活動の一環として、緑のカーテン作りにチャレンジします。

農業センター講習室のガラス一面に作られた「緑のカーテン生長の記録」です。

6月上旬からの取り組みを、是非ご覧ください。

講習室南側

8月27日(木曜日) 天気:晴れ/雨

定植から12週間後の緑のカーテンの様子の写真講習室内から見た緑のカーテンの写真雲は多めですが晴れて湿度の高い朝、午前9時30分頃からバケツをひっくり返したような雨が降ったり止んだりを繰り返していました。

緑のカーテンは、定植から約12週間が経過しました。

ゴーヤの実も生る数が減り、葉は少しずつ黄色味を帯びて来たように思います。

講習室内から緑のカーテンを見ると実の生っている所や葉の隙間も良く分かりますが、室温が高くなり過ぎなかったのは緑のカーテンのお蔭です。
7月いっぱいの梅雨に8月に突然連日の厳しい暑さとなり、もうすぐ9月になりますが残暑厳しい日が続きそうです。
出来るだけ長く緑のカーテンとして、役割を果たしてくれたら良いなと思います。

8月20日(木曜日) 天気:晴れ

定植から11週間後の緑のカーテンの様子の写真大きさは20センチほど、下の方から黄色くなってきたゴーヤの実の写真朝からグングンと気温が上昇し、マスクをして息をするだけで汗が出ます。

緑のカーテンは、定植から約11週間が経過しました。

全体的に葉の色が少し薄い緑になった気がします。
暑さで樹も疲れて来たのかもしれません。

20センチほどに育った実が、下の方から黄色くなってきていました。

黄色い実は苦みが減り甘味が出てくるので、料理の彩りとしても良いと思います。
先が割れて種を落とす状態では食感があまり良くないので、黄色くなってきた実を見つけたら早めに食材で使ってみてくださいね。

8月13日(木曜日) 天気:晴れ

定植から10週間後の緑のカーテンの様子の写真10センチ位の大きさで生長途中だが、全体が黄色くなったゴーヤの実の写真お盆の入り、関東地方では今年から始まった「熱中症警戒アラート」が連日発令され、人の体温以上の暑さになっています。

緑のカーテンは、定植から約10週間が経過しました。

黄色や茶色く枯れている葉や隙間も多少ありますが、ネットの全体に葉や茎があるような状態になりました。

急激な暑さが続いているので朝夕の水遣りが大事ですが、ホースやジョウロ内に溜まった水は高温になっています。
水道を開けて冷たい水が出るまで出してから、水遣りをしてください。

ゴーヤの実は、細長く育ったり小さい内に黄色く熟している実もありました。
9月いっぱいまで、緑のカーテンとして役割を果たして貰えたら良いなと期待しています。

8月6日(木曜日) 天気:晴れ

定植から9週間後の緑のカーテンの様子の写真先端部分が枯れたように茶色く萎れて黄色くなりつつあるゴーヤの実の写真8月1日(土曜日)に関東地方も梅雨明けとなり、梅雨明け宣言後すぐに今までの長雨が嘘のような夏の空と急激な暑さが続いています。

緑のカーテンは、定植から9週間が経過しました。

追肥して様子を見ていましたが、少し葉茎が茂ったような気がします。

ネット全体を見ると黄色く枯れた葉や先端が黄色や茶色に萎れた実も少しありますが、これから生長する実もまだ多く生っています。

緑のカーテンとして夏の暑さを軽減する程に茂って欲しいところですが、日照不足や肥料不足は解消されたものの今後は水遣りと追肥の管理をして生長に期待しましょう。

7月30日(木曜日) 天気:雨/曇り

定植から8週間後の緑のカーテンの様子の写真25センチ程に育ったゴーヤの実の写真明日で7月も終わりですが梅雨明けとはいかず、今日も午前中はシトシトと雨が降っていました。

緑のカーテンは、定植から8週間が経過しました。

長梅雨の雨や日照不足か樹が疲れたようになり、急に実を着けはじめたり黄色い葉が目立っていました。
先日、管理組合が肥料を追肥したこともあって、先週よりも少し葉茎が元気を取り戻しつつある様に見えます。

ネット全体を見ると大きく空いている所もありますが、ネットの裏側にはゴーヤの実がいくつも生っています。
これから育つ実も沢山あり、20~30センチ程に育った実も2・3本でしたが収穫出来ました。

緑のカーテンとしては葉がネット全体に厚く広がって欲しいと思いますが、追肥した後なので葉茎の生長は少し様子を見ていきます。

7月22日(水曜日) 天気:曇り/雨

定植から7週間後の緑のカーテンの様子の写真梅雨の晴れ間もつかの間、厚めの雲が空一面を覆って雨が降り出しました。

緑のカーテンは、定植から約7週間が経過しました。

先週に比べてネットの隙間が埋まって来たように感じますが、下半分の葉に黄色や茶色く枯れているのがあります。

長雨や急な暑さで疲れているのかプランターの肥料が切れたのか、ゴーヤの実にも育たないうちに黄色く萎んだものがありました。

ここ何年か毎年変わる天候に植物は敏感に反応しますが、栽培管理する人間は変化を見て対応するのに一苦労です。

7月16日(木曜日) 天気:曇り

定植から6週間後の緑のカーテンの様子の写真ゴーヤの実の写真昨夜から未明にかけて雨が降りましたが、朝には無風で雲が空全体に広がってはいるものの日差しが出そうな明るさがあります。

緑のカーテンは、定植から6週間が経過しました。

風で傷んだ葉は枯れて落ちたりしていますが、傷んだせいなのか子孫を残そうとしたのか大きく育ったゴーヤの実が生っていました。

先週は全く実の気配は無かったので見落としていたのか、1週間で25cm程にもなる実があったことに驚きを隠せませんでした。
良く見ると2cm程の小さなものから先の25cmにもなる大きな実まで、目に付いたものは8本位ありました。

葉やツルもですが実も生ってくると、成長の楽しみが増えますね。

7月9日(木曜日) 天気:雨/曇り

定植から5週間後の緑のカーテンの様子の写真梅雨の空は雲が多めで、予期せぬ雨と風に晒されてゴーヤの葉が少し傷みました。

緑のカーテンは、定植から5週間が経過しました。

いくつかの株の親ヅルは、ネットの最上部へ到達していました。

子ヅルも横に広がるように伸びて、株元に近い方からネットが埋まってきています。

緑の葉の中に黄色く小さな花もチラホラ咲いて、成長とともに実を着ける準備をしているのですね。

7月2日(木曜日) 天気:晴れ/曇り

定植から4週間後の緑のカーテンの様子の写真梅雨の貴重な晴れ間!湿度は高いのですが、風が吹いているのでジメジメとした湿気は少し緩和されます。

緑のカーテンは、定植から4週間が経過しました。

1週間経つごとに思うのですが、植物の成長は凄く早いなと感じます。
雨で土の水分はタップリあるので、今日は葉に太陽の日差しを出来るだけ浴びて成長に必要な光合成をしてほしいと思います。

強風の予報が出ているので、自由に伸びてネットに絡んでいないツルは誘引しておくと葉やツルが傷むのを軽減出来るかもしれません。

6月25日(木曜日) 天気:雨

定植から3週間後の緑のカーテンの様子の写真今日は雨が降っていて、濡れた葉の緑が鮮やかに見えます。

緑のカーテンは、定植から3週間経過しました。

梅雨の雨も昔はシトシトと少し蒸し暑い湿度にも耐えられましたが、温暖化の影響か最近は豪雨で長く降る予報が多くなりました。

雨で土が乾くことはありませんが、風でネットや葉が揺れて傷むのが心配です。

今年は割と順調に成長している様に見えるので、ネット全体に広がる想像をしながらツルに無理のない誘引をして伸ばします。

6月18日(木曜日) 天気:曇り

定植から2週間後の緑のカーテンの様子の写真今日は曇が多めで、雲の隙間から少しだけ青空が見え隠れしています。

緑のカーテンは、定植から2週間経過しました。
少しずつ親ヅルが伸びて、腋(わき)からは子ヅルが伸びはじめました。

梅雨前線と低気圧により、大雨の予報が出ています。
雨が降れば水遣りの必要はないのですが、親ヅルや子ヅルをネットへ這わせるように誘引しておきましょう。

細いツルが自然とネットに絡まって行くので、誘引する時は無理に引っ張ると折れてしまうため気を付けましょう。
ネットいっぱいに広がる事を想像しながら成長を見守ります。

6月11日(木曜日) 天気:曇り

定植から1週間後の緑のカーテンの様子の写真曇り空で湿度が高めの今日は、関東甲信越が梅雨入りの発表がありました。

緑のカーテン設置・定植から1週間経過しました。
ある程度までは親ヅルを上方向に誘引しながら管理をします。

今年の梅雨は大雨を降らせるような梅雨前線らしいので、水遣りをしなくても土に水が保水されると思います。
プランターの土に水分がどの位あるかは、苗の根を切らないように細い棒や支柱を土の部分に真直ぐ差し込んで抜くと棒が湿っている所まで水分があるとわかります。

雨の当たらない場所であれば水遣りは必要ですが、表面の土が乾いていても保水されている事があります。
水の遣り過ぎは根腐れをおこすので、気を付けて管理しましょう。

6月4日(木曜日) 天気:曇り

農業センター管理組合による緑のカーテン設置作業の写真農業センター管理組合による緑のカーテン設置作業完了の写真啓発活動の一環として、今年も緑のカーテンに挑戦します!

農業センターの講習室南側の窓一面に緑のカーテンを作ります。
農業センター管理組合が力を合わせて手際良く、ネットを張り苗を植える作業をしました。

ゴーヤの苗を植えて水をたっぷりと与え、農業センター緑のカーテンが設置完了しました!

立派な緑のカーテンが出来るか、これからの生長が楽しみです!