ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 教育・文化・スポーツ・生涯学習 > 講座・教室 > ワーキングママ支援講座第3回講座を開催しました(根形公民館)
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 教育・文化・スポーツ・生涯学習 > 生涯学習 > ワーキングママ支援講座第3回講座を開催しました(根形公民館)

ワーキングママ支援講座第3回講座を開催しました(根形公民館)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月9日

ワーキングママ支援講座 キラッキラなママでいこう!

 共働きの家庭が増えている現代、母親がどのように働くのがベストなのか、ライフマネープランから考えるとともに、子どもとの限られた時間の中で、働きながらでも子どもの心に寄り添い、生き生きと子育てができるよう応援する講座です。
 講座は全4回講座です。

講座の内容(随時更新します)

 

第3回 子どものことがわからない?ママと子どもの性格についてエニアグラムに基づいて理解しよう

 令和元年10月4日(金曜日)、台風により延期となっていた第3回講座を開催しました。
 今回は、うちの子ってよくわからない、宇宙人みたい?と思うことがあるママたちへ、そもそも生まれた時から、それぞれが全く異なる性格を持っていることや、どんな性格の傾向があり、特徴があるのかについて、エニアグラムに基づき理解を深める講座でした。
 講師は、千葉県スクールアドバイザーや教育カウンセラーなどをされている内田智代さんです。
 内田先生からのメッセージ「どの性格もみんな素晴らしいんです」や、「赤いものを無理やり白に変えるのではなく、美しい赤に育てましょう」が心に深く深く染み入りました。
 子どもの性格の傾向を知ることで、余計なことにイライラせずに、ああ、この子はこう考える子なんだから、ここを尊重してあげたらより良い人に育ててあげられるのかな、と考えてあげることができますね。
 今回で、全4回講座は終了しました。今回、学んだことを胸に、子育て、そして仕事にキラッキラなママで向き合っていけるよう応援しています。

講座の様子の画像講座の様子の画像
まずは、九つのタイプの詳しい傾向などのお話しを聞き、その後にママ自身のタイプごとの班に分かれます。みんな、全部のタイプの性格を持っているのです。その中でも傾向の強く出るタイプを見つけます。
やる度に違うタイプになる場合もあります。
講座の様子の画像講座の様子の画像
タイプ別に別れたら、同じ性格の傾向を持つ人同士で「村」をつくります。
どんな「村」になるのでしょうか。
なんと、「村」の様子を描いてみると、各班で描くものが違ってくるのです!しかも、描く内容も色もその性格の傾向がはっきりと出てくるのです!思わず鳥肌が立ちました!

 

第4回 子どもの小さなSOSに気づくことやコミュニケーション、モチベーションアップの方法

 令和元年9月13日(金曜日)に開催予定でした第3回講座については、10月4日(金曜日)に延期となりました。
 そのため、先に第4回講座を9月20日(金曜日)に開催しました。
 今回の講師は、ハッピーママトレーナーとしてご活躍されている齋藤ひとみさんです。実体験に基づいた笑いあり、涙ありの心に深く染み入る講座となりました。子どもとのコミュニケーションで悩んでしまったときの「お守り」をたくさんいただきました。

講座の様子の画像講座の様子の画像
自分の話しを全力で聴いてもらえるだけで、心が軽くなることを、体験から学びます。自分でコントロールできること、できないことを理解すれば、余計なイライラは減らすことができます。
講座の様子の画像講座の様子の画像
みなさんおひとりずつにご挨拶!
モチベーションアップには、ハイタッチやスキップもお勧めです。
脳ってすごい!「できるできるできる」でこんなにも違いがあることを実感しました。

 

第2回 生涯のお金を含めたライフプランを実際にシミュレーション、社会保障や扶養の仕組み

 令和元年9月6日(金曜日)、第2回は、ファイナンシャルプランナーの福ちゃんを講師にお招きして、自分や家族の生涯のライフプランを考えました。シートに人生の大きなイベントのシールを貼っていくと・・・何歳の時に大きなお金が必要になってくるんだな、ということが見えてきました。その支出に向けて、どのようにお金を準備していくのか、などのお話しも聞くことができました。収入と支出のバランスから、母親が働くことについても考えます。

講座の様子の画像講座の様子の画像
ライフプラン表に5年ごとに年齢を加えていきます。
現在と未来・・・まずは夢や希望を描いていきます。
夢や希望、の他にも現実についても描いていきます。
子どもの入学や、塾、住宅や車など必要なものはたくさんあります。

 

第1回 袖ケ浦市の保育の現状や幼保連携型認定こども園、保育料無償化などについて

 令和元年8月30日(金曜日)、第1回は、市役所保育課職員を講師にお迎えして、保育の現状や、10月からはじまる保育料無償化の内容などのお話しを聞きました。

 
講座の様子の画像講座の様子の画像
保育所の待機児童が多い年代は、0歳~2歳児です。
みなさん、真剣に聞いています。
保育料無償は、すべての児童がなるわけではないのです。
みなさんからの質問もたくさん出ました。