ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 教育・文化・スポーツ・生涯学習 > 講座・教室 > 根形公民館 ねこまろを開催しました(速報)

根形公民館 ねこまろを開催しました(速報)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月22日

根形小学校児童を対象に「ねこまろ」を開催しました

 平成28年8月17日(水曜日)~19日(金曜日)、21日(日曜日)の期間、根形小学校児童を対象に「ねこまろ」を開催しました。今年度の申込者数は100名を超え、期間中は80名以上の子どもたちが参加しました。

 「ねこまろ」とは、「ねがたこうみんかんにあつまろう」の略で、今年度で3回目を迎えます。

 主催は根形公民館と地域の大学生といった若者たちのグループ「N.O.C(Negata Open Campus)」で、事業は多くの地域の方々にも協力していただき、大きな力となっています。

 ねこまろの通常版は終了しましたが、8月27日(土曜日)と28日(日曜日)にはねこまろ特別版として、小学校4年生から6年生児童32名を対象に宿泊体験も実施します。
 特別版の詳細も含め、後日「ねこまろのまとめ」といった形でホームページを更新したいと思います。
  
 ちなみに、ねこまろは、毎年イメージキャラクターを参加者から募集し、今年度のキャラクターは6年生女子の作品が選ばれました。このキャラクターも子どもたちに人気を博しました。

集合写真(ねこまろ参加者)平成28年度イメージキャラクター

      ねこまろ参加者集合写真(袖ヶ浦高校書道部の皆さんと撮影)         今年度のイメージキャラクター

ねこまろって何するの?

夏休みの宿題のお手伝い、学習相談

 たとえば、ドリル、ポスター、調べ学習、読書感想文、標語など

レクリエーション

 たとえば、卓球、インドアローンボウルズ、その他自由遊びなど

今年のポイント

 昨年度から協力していただいている地域の方々に加え、今年は根形中を卒業した高校生や袖ヶ浦高校、袖ケ浦市凧保存会が事業協力をしています。

 袖ヶ浦高校からは、書道部と音楽部が参加し、パフォーマンスや各部活の特色を活かした体験(大筆体験など)を行い、参加者と交流を図っています。
 また、袖ケ浦市凧保存会の協力のもと、ねこまろ記念作品づくりにもチャレンジしました。

ねこまろの様子を紹介します

 下のリンクから、期間中のねこまろの様子をご覧いただけます。