ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市役所・施設案内 > 幼稚園・学校 > 学校施設の環境整備に取り組んでいます
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 教育・文化・スポーツ・生涯学習 > 学校 > 学校施設の環境整備に取り組んでいます

学校施設の環境整備に取り組んでいます

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月18日

学校施設のトイレ環境について整備を行っています

 市の学校施設は設立から数十年経ったということもあり、老朽化が目立つようになってまいりました。

 その中でもトイレについては悪臭やつまり等が発生している学校もあり、市では平成25年度より、児童生徒が衛生的で良好な環境で学ぶことができるよう、トイレの給排水設備の更新、トイレの乾式化及び洋式トイレの設置を行っています。

 従来の学校トイレのイメージであった『暗い』『汚い』『怖い』『臭い』といったイメージを払拭できるよう、計画的にトイレ改修に取り組んでいます。

トイレの乾式化及び洋式化

 従来型のトイレ(湿式トイレ)は水をまいて掃除をする必要があったため、掃除が大変、タイル等が湿っているため菌が繁殖しにおいが発生するという欠点がありましたが、乾式化をすることにより床がシートやボードになるため掃除がしやすく、水をあまり使わないため菌の繁殖を抑え、においも発生しにくくなります。

 また、今の児童生徒にはあまりなじみのない和式トイレを洋式に変えることによってトイレを我慢することによる健康被害の防止やトイレの失敗等を減らし、衛生的なトイレ環境を整備することができます。

 なお、便器に触れる事に抵抗がある児童生徒に配慮し、可能な限り各トイレに1基ずつ和式トイレを設置しています。

平成28年4月現在のトイレ改修状況

平成25年度 

 昭和小学校のB棟トイレの改修工事(給排水設備の更新、トイレの洋式化、乾式化)を行いました。

 
昭和小学校トイレ改修後昭和小学校トイレ改修後

平成26年度

 昭和中学校の校舎棟トイレの改修工事(給排水設備の更新、トイレの洋式化、乾式化)を行いました。

 
昭和中学校トイレ改修後昭和中学校トイレ改修後2

※平成28年度は蔵波小学校の西側(体育館側)及び北側(中央)のトイレ改修を行っています。

その他の取組み

 トイレ環境の整備の取組みに加え、できる限り段差を減らし、個室に手すりを設けるなどバリアフリーも意識した環境整備を行っています。

 また省エネへの取組みとして、照明をLEDにしています。

取組み事例

 

トイレ手すり

個室トイレの手すり                    

トイレのLED照明

LED照明トイレ