ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 子育て > 子育て支援・相談 > 体罰等によらない子育てのために
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 相談 > 子ども・教育の相談 > 体罰等によらない子育てのために
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > くらしのメニュー > 子育て > 体罰等によらない子育てのために

本文

体罰等によらない子育てのために

印刷用ページを表示する 更新日:2020年9月23日

体罰等によらない子育てを広げましょう

みんなで育児を支える社会に

令和元年6月に児童福祉法等改正法が成立し、親権者は、児童のしつけに際して、体罰を加えてはならないことが法定化され、令和2年4月から施行されました。

体罰等が繰り返されると、子どもの心身の成長・発達にさまざまな悪影響が生じる可能性があります。しつけとは、子供の人格や才能等を伸ばし、自立した社会生活をおくれるようにサポートしていくことです。

子育て中の保護者だけで抱え込むことなく、孤立しないよう社会全体で支えていくことが必要です。

 

体罰等によらない子育てリーフレット [PDFファイル/987KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)