ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・消防 > 災害への備え > 防災ワンポイントアドバイス【大きな揺れを感じたときは】
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・消防 > 防災・危機管理 > 防災ワンポイントアドバイス【大きな揺れを感じたときは】

防災ワンポイントアドバイス【大きな揺れを感じたときは】

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月1日

防災ワンポイントアドバイス

大きな揺れを感じたときは

 大きな地震が発生したとき、冷静に対応するのは難しいものです。いざというとき「あわてず、落ち着いて」行動するために、行動パターンを覚えておきましょう。

自宅にいる時に地震が発生した時は

 テーブルやベッドの下などにもぐって身を守ります。適当な場所がないときは、手近なクッションなどで頭を保護しましょう。また、可能であれば自宅の外に出て、落下物等の危険のない広場へ移動しましょう。

机の下で身を守る様子

デパート・スーパー等にいる時に地震が発生した時は

 商品の落下やショーケースの転倒、ガラスの破片に注意し、柱や壁際に身を寄せて手荷物で頭を守りましょう。
 あわてて出口に殺到するとパニック状態になることもあり危険ですので、店員の指示に従って行動しましょう。

壁にそってかごで頭を守る様子