ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・消防 > 災害への備え > 水害・土砂災害の防災情報の伝え方が変わります
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・消防 > 防災・危機管理 > 水害・土砂災害の防災情報の伝え方が変わります

水害・土砂災害の防災情報の伝え方が変わります

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月1日

逃げ遅れゼロへ!警戒レベル4で全員避難!!

平成30年7月豪雨を教訓として、国において「避難勧告等に関するガイドライン」改訂され、防災に関する各種情報をより直観的に理解できるように5段階の警戒レベルが設定されました。これに伴い、今後、市が発表する避難情報にも警戒レベルを付してお知らせします。

警戒レベルと各種情報の関係

警戒レベルチラシ [PDFファイル/4.35MB]

次のような内容で防災行政無線から避難行動を呼びかけます

※呼びかけの一例(警戒レベル4 避難勧告の伝達文例)

・こちらは、広報そでがうらです。

・○○地区に洪水に関する警戒レベル4、避難勧告を発令しました。

・○○川が氾濫するおそれがある水位に到達しました。

・○○地区の方は、速やかに全員避難を開始してください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)