ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・消防 > 災害への備え > 大地震を想定した総合防災訓練を実施します
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・消防 > 防災・危機管理 > 大地震を想定した総合防災訓練を実施します

大地震を想定した総合防災訓練を実施します

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月1日

大規模地震を想定した総合防災訓練を実施します

 市では、大地震を想定した総合防災訓練を地域住民、自主防災組織、自衛隊、防災関係機関などと協力して実施します。
 災害時に被害を減らすためにはどうしたらよいか。皆さんも正確な知識を身に付け、もしものときに備えましょう。

実施日時及び訓練会場

 日時 : 8月20日(日曜日) 午前10時開始

 会場 : 昭和小学校グラウンド、体育館

  (※雨天決行:ただし、気象警報の発表またはそのおそれがあるときは中止します。)
  (※訓練当日の午前10時に防災行政無線より、市内一斉にサイレンが鳴ります。実際の災害などと間違えないようご注意ください。)

訓練の概要

(1) シェイクアウト訓練
(2) 災害時要援護者安否確認訓練
(3) 災害対策本部設置・活動訓練
(4) 職員参集・安否確認メール配信訓練
(5) 情報収集訓練
(6) 現地災害対策本部・救護所の設置及び避難所応急危険度判定訓練
(7) 避難勧告・避難所開設訓練
(8) 福祉避難所への移送訓練
(9) 炊き出し訓練
(10) 初期消火訓練
(11) 人命救出訓練
(12) 延焼防止訓練
(13) 道路復旧訓練
(14) 応急復旧訓練
(15) 救援物資輸送訓練
(16) 給水、給食訓練
(17) ボランティアセンター立上げ・運営訓練
(18) 災害に備えた実技訓練((一社)日本福祉用具供給協会、君津圏域PT.OT.ST実技訓練他)
(19) その他(市備蓄品展示、防災情報掲示、地震体験車による地震体験)

シェイクアウト訓練の実施について

 総合防災訓練の一環として、袖ケ浦市いっせい行動訓練(シェイクアウト訓練)を実施します。
 シェイクアウト訓練は、2008年にアメリカで始まった新しいかたちの地震防災訓練です。
 訓練方法はいたってシンプルで、指定された日時に、家庭や職場、外出先など、それぞれの場所で地震から身を守るための3つの安全行動を約1分間行っていただくのが基本です。
 訓練開始の合図は、防災行政無線・生活安全メールにてお知らせします。
 訓練への積極的な参加表明として、訓練参加の事前登録をお願いしています。
 登録はしたのリンクから申請ができます。また、同じリンクからFAX申し込み用の様式のダウンロードもできます。

 登録はこちらから → シェイクアウト訓練事前登録ページ

シェイクアウト訓練ロゴ
     日本シェイクアウト提唱会議

その他の当日の訓練会場の催し

 昭和小学校体育館会場には実技訓練コーナーを開設します。
 体育館内では、(一社)日本福祉用具供給協会や、君津圏域PT・OT・ST連絡協議会、袖ケ浦市災害対策コーディネーター連絡会等による実技訓練が行われます。

 また、当日訓練会場は会場を自由に見学ができ、煙体験ハウスや地震体験車の体験もすることができます。

 

地震体験車の様子

【地震体験車の様子】

煙体験ハウスの様子

【煙体験ハウスの様子】