ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・消防 > 防災・危機管理 > 平成28年熊本地震への袖ケ浦市の対応について

平成28年熊本地震への袖ケ浦市の対応について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月16日

袖ケ浦市では、平成28年熊本地震の被災地を支援するため、現在、千葉県、各関係機関と

情報共有を行いながら、以下のとおり準備を進めております。

 

災害の概要

発生日時 

  平成28年4月16日1時25分頃

  (なお、4月14日発生の地震は平成28年4月14日21時26分頃)

震央地名

  熊本県熊本地方

震源の深さ

  12Km(推定値)

規模

  マグニチュード7.3(推定値)

最大震度

  震度7【熊本県益城町、西原村】

  以降、震度6、5強等の余震の発生が続いています。

  (なお、4月14日発生の地震は震度7【熊本県益城町】)

 

袖ケ浦市からの支援・取組

被災建築物応急危険度判定士を派遣

 
4月21日に千葉県から派遣要請があり、4月25日から29日の間、1名を派遣

平成28年熊本地震における災害派遣市長訓示
           市長から熊本県に派遣される職員へ訓示

義援金の受付

  ・本庁、長浦行政センター、長浦(長浦おかのうえ図書館1階)・平川(平川行政センター1階)健康福祉

   支援室、健康づくり支援センターに募金箱の設置(6月30日まで)

  ・日本赤十字社の義援金の受付口座の案内

  ・民生委員・児童委員協議会総会で募金箱の設置【社会福祉協議会】

  ・伝統工芸保存会の凧揚げ大会(4月29日平川公民館)で募金箱の設置【社会福祉協議会】        

  ・市職員会で義援金の募集

 

応援準備体制を整えているもの

 【危機管理課】 市備蓄物資の搬出(食料・飲料水)

 【水道局】 非常用飲料水袋、5L袋800枚を無償提供

 【都市整備課】 宅地危険度判定員を派遣登録