ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

袖ケ浦市の主な地震災害記録

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月2日

西暦

和暦

 災害種別

 主な被害状況等

 備考

1855年11月11日安政2年10月2日江戸地震

木更津:震度6 海水の動揺
市川:震度5
   発光現象・地鳴の記録が多い

坂戸市場村
   家屋残らず倒壊
   余震が1ヶ月続いた。
木更津
   家の潰破損  12
   蔵の潰破損 227

出典:袖ケ浦町史
1923年大正12年9月1日関東大震災

袖ケ浦:震度6
木更津:37cmの隆起

長浦村
   死亡 男1人 女1人
   住家全潰 3棟
          半潰 8棟
   非住家全潰 1棟
              半潰 5棟

昭和村
   死亡 女1名
   負傷者 女1名
   住家全潰  6棟
          半潰 17棟
   非住家全潰 16棟
              半潰 36棟

根形村
   死傷者 なし
   住家全潰 27棟
          半潰 48棟
   非住家全潰 50棟
             半潰 76棟

平岡村
   死亡 男2人、女4人
   住家全潰  4戸
          半潰 22戸
   非住家全潰 14戸
             半潰 42戸

富岡村(現在は、木更津市)
   住家全潰 45戸
          半潰 79戸
   非住家全潰  81戸
             半潰 145戸

中川村
   死亡 男2人、女12人
   重傷 6人
   住家全潰 120棟
          半潰 188棟
          大破 124棟
   非住家全潰 146棟
             半潰 154棟
             大破 164棟

出典:袖ケ浦町史
        平川町史

1988年昭和62年12月17日千葉県東方沖地震

震度5:銚子、千葉、勝浦
袖ケ浦:当時、計測震度計なし

袖ケ浦住家被害棟数
   全壊・半壊なし、一部破損のみ(瓦破損等)
   昭和地区 239棟
   長浦地区 824棟
   根形地区 236棟
   平岡地区 490棟
   中富地区 361棟
   合計    2150棟

がけ崩れ
   福王神社付近
      高さ2m 幅3m
   神納兵庫坂付近
    1)高さ3m 幅5m
    2)高さ3m 幅5m
  野里滝泉寺付近
      高さ2~3m 幅不明

出典:袖ケ浦市災害記録
2011年平成23年 3月11日東北地方太平洋沖地震

袖ケ浦:震度4

袖ケ浦住家被害棟数
全壊なし
半壊1棟(中富地区)
一部破損(瓦、内外壁破損等)
昭和地区  2棟
長浦地区 14棟
根形地区  1棟
平岡地区  4棟
中富地区  4棟
合計    26棟
(平成25年3月1日現在)

出典:袖ケ浦市災害記録