ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

袖ケ浦市地域防災計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月2日

袖ケ浦市地域防災計画とは

   「袖ケ浦市地域防災計画(以下「本計画」という。)」は、災害対策基本法(昭和36年法律第223号)第42条の規定に基づき、袖ケ浦市防災会議が作成する災害対策に関する計画です。
   市域の災害予防、災害応急対策及び災害復旧等を総合的・計画的かつ有効的に実施することにより、住民の生命・身体・財産を保護するとともに、地震・津波及び風水害等による被害の軽減を図り、社会の秩序の維持及び公共の福祉に資することを目的としています。

袖ケ浦市地域防災計画

   袖ケ浦市地域防災計画は、昭和46年の袖ケ浦町・平川町合併後に新生袖ケ浦町の計画として策定後、阪神・淡路大震災などの大災害の教訓を反映するため、数度の改訂を行ってきました。
   しかし、平成23年3月11日に発生した東日本大震災は、マグニチュード9.0という、国内観測史上最大の巨大地震によって発生した未曾有の災害であり、東北3県を中心とした広域かつ甚大な被害が発生し、本市においても、地震動により物的被害をもたらしただけではなく、県外避難者の受け入れ、放射性物質への対応など、防災対策に多くの教訓をもたらしました。
   そこで、本市の防災対策にこれらの教訓や県地域防災計画の修正内容を反映させるため、平成25年3月に袖ケ浦市地域防災計画を改訂しました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)