ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 健康・医療 > 予防接種・感染症 > 新型コロナウイルス感染症患者の発生に関する市長メッセージ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 健康・医療 > 健康づくり > 新型コロナウイルス感染症患者の発生に関する市長メッセージ

新型コロナウイルス感染症患者の発生に関する市長メッセージ

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月7日

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

夏休み期間を迎えるにあたっての新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(8月7日)

市長メッセージの画像
市長メッセージ(動画)(外部リンク) 

 市内の小中学校は8月8日から夏季休業となり、また、来週にはお盆休みに入られる方も多いかと思います。

 例年であれば帰省や旅行など外出の機会が増える時期ですが、7月31日には国内の1日の新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が1,500人を超すなど、この夏休み期間中にさらに感染が広がることが心配されています。

 そこで、夏休み期間中の感染拡大防止のため、私から市民の皆様へ5つのお願いがあります。

 1.新規感染者数の多い地域への不要不急の外出は控えましょう。

 2.5人以上での会食は自粛しましょう。

 3.感染防止対策が徹底されていない施設等への出入りやイベントへの参加は控えましょう。

 4.「3つの密の回避」、「マスク・手洗いの徹底」のほか、「新しい生活様式」による感染防止対策を徹底しましょう。

 5.新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」をスマートフォンにインストールしましょう。

 新型コロナウイルス感染症は、いつ、どこで、だれが感染してもおかしくない状況です。

 市民の皆様におかれましては、大変不安なお気持ちであることと思いますが、このような状況だからこそ、お一人お一人の行動が重要になります。

 今後も、感染拡大防止対策の徹底をお願い申し上げます。

 

令和2年8月7日

袖ケ浦市長 粕谷 智浩

新型コロナウイルス感染症感染者の発生に関する市長メッセージ(7月24日)

 本日、本市におきまして、10例目の新型コロナウイルス感染症患者が確認されました。
 本市で発生した新型コロナウイルス感染者の内、7月15日以降20代の若い方の感染者が3名確認されています。
 感染しても症状の出ない若い方が気づかないうちに感染元になるケースが報告されています。

 「うつらないために」「うつさないために」、3つの密の回避、マスク・手洗い・消毒・換気などを徹底していただき、
 体調が悪い時には外出を控え、感染者が多く発生している地域への不要不急の外出を控えていただくよう重ねてお願いいたします。
 お一人お一人の取組みにより、ご自身や大切な人を守るために、「新しい生活様式」(内部リンク)を実践してくださるようお願いいたします。

 新型コロナウイルス感染症が収束し、普段の生活を取り戻すためには長い時間がかかります。
 この苦境を乗り越えるため、市民の皆様や事業者の皆様、行政が一体となって感染症対策に取り組んでいきましょう。

 

令和2年7月24日

袖ケ浦市長 粕谷 智浩

 

新型コロナウイルス感染症感染者の発生に関する市長メッセージ(7月23日)

 昨日(7月22日)、本市におきまして、新型コロナウイルスの無症状病原体保有者が確認されました。
 本市で発生した新型コロナウイルス感染例としては通算で9例目となります。

 緊急事態宣言が解除されて約2か月、市内の社会経済活動や学校等が再開し、少しずつ活気を取り戻しつつあるところですが、残念ながら、本市を含む近隣市において新たな感染者が増加傾向となり、厳しい状況となっています。

 市としても、市民の皆様の暮らしや事業者の皆様の経営を支えつつ、これ以上感染を広げないよう取り組みを進めてまいります。

 皆様には、今一度「3つの密の回避」、手洗い、咳エチケットなどの「新しい生活様式」の徹底をお願いいたします。
 また、本日より連休が始まりましたが、感染者が多く発生している地域への不要不急の外出を控えていただくよう重ねてお願いいたします。

 感染症対策の最前線で対応していただいている医療関係者の皆様をはじめ、福祉関係者の皆様、社会生活を支えてくださる全ての皆様方には心より感謝申し上げます。
 引き続き困難な状況が続きますが、ご協力くださいますようお願いいたします。

 新型コロナウイルス感染症が収束し、普段の生活を取り戻すためには長い時間がかかることが予想されます。
 この苦境を乗り越えるため、市民の皆様や事業者の皆様、行政が一体となって感染症対策に取り組んでいきましょう。

 

令和2年7月23日

袖ケ浦市長 粕谷 智浩

 

新型コロナウイルス感染症感染者の発生に関する市長メッセージ(7月15日)

 本日7月15日、本市におきまして、新型コロナウイルスの無症状病原体保有者が確認されました。

 緊急事態宣言解除以降に、本市で新たに発生した新型コロナウイルス感染例としては1例目となり、通算で8例目となります。

 新型コロナウイルス感染症により生活が一変し、市民の皆様は不安なお気持ちであることと思いますが、不安を少しでも解消できるよう、千葉県等の関係機関と連携を図るとともに、引き続き感染防止対策を徹底しながら小中学校や各公共施設等を運営してまいります。

 市民の皆様へは、誰もが感染しうる感染症であり、気づかないうちに感染させてしまう可能性があること、また当面の間はこのウイルスと共存して社会経済活動との両立をしていかなくてはならないことを認識していただきたいと思います。

 さらなる感染の拡大を防ぐために、「3つの密」を避け、手洗い、咳エチケット等の取組を徹底していただき「新しい生活様式」(内部リンク)の実践を引き続きお願いいたします。

 感染症対策の最前線で対応していただいている医療関係者の皆様をはじめ、福祉関係者の皆様、社会生活を支えてくださる全ての皆様方に心より感謝申し上げます。

 引き続き困難な状況が続きますが、ご協力くださいますようお願いいたします。

 新型コロナウイルス感染症が収束し、普段の生活を取り戻すためには、長い時間がかかることが予想されます。

 この苦境を乗り越えるため、皆様お一人お一人の感染予防の行動が、重要な感染症対策となりますので、市民や事業者の皆様、行政が一体となって感染症対策に取り組んでいきましょう。

 

令和2年7月15日

袖ケ浦市長 粕谷 智浩

 

緊急事態宣言解除に伴う市長メッセージ(5月25日)

 本日5月25日、千葉県を含めたすべての都道府県において、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が解除されました。

 本市では、4月26日以降新たな感染症患者は確認されておらず、千葉県全体でも緊急事態宣言解除の基準を満たしております。
 これは、市民や事業者の皆様の新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた取り組みによるものであり、ご理解とご協力に感謝申し上げます。
 また、現在も新型コロナウイルス感染症に関する対応をしている医療及び福祉関係者等の皆様におかれましても、深く御礼申し上げます。

 しかしながら、新型コロナウイルス感染症の完全な終息に至っておりません。
 緊急事態宣言の解除により危機意識が薄れることで、再度感染が拡大されることが懸念されます。
 そのため市民の皆様には、感染防止の3つの基本である人と人との距離の確保、マスクの着用、手洗いを励行し、「新しい生活様式」の取り組みをお願いいたします。
 また、市内小中学校は、明日5月26日から段階的に登校を始めます。
 久しぶりの登校となりますので、地域の皆様のあたたかい見守りをお願いします。
 車を運転される方は、登下校中の子供たちに十分ご注意いただき、安全運転をお願いいたします。

 緊急事態宣言の解除は、これまでの生活を取り戻す第一歩です。
 市内の公共施設については、段階的に再開をいたします。
 市民の皆様には引き続きご不便をおかけいたしますが、お一人お一人の取り組みにより、ご自身や大切な人を守り、地域経済の再生に繋げてまいりましょう。
 今後も感染拡大防止に向けた取り組みにご協力をお願いいたします。

 この状況を乗り越えるため、市民や事業者の皆様、行政が一体となって感染症対策に取り組みましょう。

 

令和2年5月25日

袖ケ浦市長 粕谷 智浩

厚生労働省ホームページ「新しい生活様式」(外部リンク)

連休中の外出自粛についての市長メッセージ(4月28日)

市長メッセージの画像
市長メッセージ(動画)(外部リンク)

 4月28日現在、本市におきまして、7例目の新型コロナウイルス感染症患者が確認されています。
 感染された方々の一刻も早い回復をお祈り申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症は、我が国で初めて緊急事態宣言が出された歴史的な感染症であり、誰もが感染するリスク、また、感染させるリスクがあるということを、この大型連休の前に、今一度、認識していただきたいと思います。

 感染の拡大防止のためには、人と人との接触を8割減らすことが必要とされています。
 引き続き、不要不急の外出を控えること、「3つの密」を徹底的に避けること、手洗い、咳エチケットの取組みをお願いいたします。

 加えて、大型連休中の帰省は極力控え、ビデオ通話等によるオンライン帰省に代える、日用品等の買い物は、スーパー等のすいている時間帯に一人または必要最小限で済ませる、飲食は持ち帰りか宅配での利用を選択し、ジョギングや散歩は少人数で、公園はすいた時間と場所を選ぶなど、日常生活の見直しを強くお願いいたします。

 皆様お一人お一人が自分を守り、自分の大切な人を守る行動を粘り強く徹底していくことが大切です。

 市民や事業者の皆様、行政が一体となって、緊急事態宣言の取組みを確かなものにしていきましょう。

令和2年4月28日

袖ケ浦市長 粕谷 智浩

 

新型コロナウイルス感染症患者の発生に関する市長メッセージ(4月24日)

 4月23日、本市におきまして、6例目となる新型コロナウイルス感染者が確認されました。
 感染された方々の一刻も早い回復をお祈りいたします。
 現在、医療機関の皆様をはじめ、新型コロナウイルス対策に関連し、最前線で対応していただいている皆様に心より感謝申し上げます。

 市民の皆様には大変不安なお気持ちであると思いますが、ここで強くお願いしたいことがあります。
 感染症患者や家族、また、医療・福祉従事者の方々に対する偏見や差別は絶対にあってはなりません。
 誰もが感染しうる感染症であること、また、気づかないうちに感染させてしまう可能性があることを認識していただきたいと思います。

 また、感染の拡大を防ぐために、不要不急の外出を控えること、「3つの密」を徹底的に避けること、手洗い、咳エチケットの取組を引き続きお願いいたします。

 皆さまお一人お一人が自分を守り、自分の大切な人を守る行動を粘り強く徹底していくことが大切です。

 この状況を乗り越えるため、市民や事業者の皆様、行政が一体となって感染症対策に取り組みましょう。

 

令和2年4月24日

袖ケ浦市長 粕谷 智浩

 

新型コロナウイルス感染症患者の発生に関する市長メッセージ(4月10日)

 本日4月10日、千葉県から本市において初めての新型コロナウイルス感染症患者が確認されたとの情報提供がありました。
 現在、君津健康福祉センター(君津保健所)等により、濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査が行われています。
 市といたしましては、君津健康福祉センター(君津保健所)と連携しながら、適宜適切な情報発信を行ってまいります。

 現在、国において緊急事態宣言が発令されており、県からは、生活の維持に必要な場合を除く不要不急の外出自粛が要請されております(※)。
 皆様には、いま一度、これらを踏まえた行動をお願いいたします。

 いま大切なことは、不確かな情報に惑わされることなく、正しい情報を見極めることです。
 感染症に関しての誹謗中傷や風評被害などは不当な差別や偏見を生み、人々の不安をあおることになります。
 皆様におかれましては、ご自身がSNS等で、勘違いによるデマやフェイクニュースを流したり広めたりすることのないよう十分ご注意ください。

 このような時期だからこそ、お互いに助け合い、支えあう気持ちを忘れず、冷静に行動することが私たち一人ひとりに求められています。
 皆様とともに、この非常事態を乗り越えてまいりたいと思いますので、引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

令和2年4月10日

袖ケ浦市長 粕谷 智浩

 ※千葉県において、不要不急の対象外となる生活の維持に必要な場合とは、次のような場合とされています。

  通院、社会福祉施設への通所、食料品・医薬品・生活必需品の購入、健康維持のための散歩や運動、在宅ではできない仕事 など。

 

市長メッセージ(4月7日)

 本日4月7日、新型コロナウイルスの感染拡大により、緊急事態宣言が発令されました。
 これを受けて、市では新型インフルエンザ等対策特別措置法の規定に基づき、袖ケ浦市コロナウイルス感染症対策本部を立ち上げました。
 現在、首都圏等を中心とした爆発的な感染が現実味を帯びて懸念されており、これまで以上に感染予防や、感染拡大防止対策を徹底する必要があります。

 本市では、これまで新型コロナウイルス感染症に関する情報の周知や、公共施設の休館、主催事業等の中止、学校の休校などの対策を実施して感染拡大防止に取り組んでまいりました。
 現時点では市内の感染患者は発生しておりませんが、近隣市において感染患者の発生が報告されており、引き続き感染予防及び感染拡大防止対策について徹底した取り組みを行っていく必要があります。

 千葉県では、県内全域を対象として「生活の維持に必要な場合を除き、昼夜を問わず、自宅等から外出しないこと」として、1日を通じての外出自粛を要請しました。
 また、「生活の維持に必要な場合」の例として、通院や社会福祉施設への通所、食料品や医薬品、生活必需品の購入、健康維持のための散歩や運動などをあげています。

 感染拡大の防止には、一人ひとりの行動が極めて重要です。引き続き、手洗い・うがい・咳エチケットなどの感染予防対策の徹底をお願いするとともに、三つの密(換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近で会話や発声をする密接場面)を避けるなど、感染予防及び感染拡大防止の徹底をお願いいたします。

 今後も随時、適切な情報を市民の皆様に発信してまいりますので、根拠のない情報に惑わされず、冷静に行動されますよう併せてお願いいたします。

 

令和2年4月7日

袖ケ浦市長 粕谷 智浩

 

市長メッセージ(4月6日)

市民の皆様へ

 日頃より、市政運営にご理解とご協力を賜り、感謝申し上げます。
 市では、市民の皆様の安全を第一に、ホームページ等による情報提供をはじめ、公共施設の休館、市内小中学校・医療機関・福祉施設等へのマスク配布など、市として行える対応を実施しております。
 市民の皆様には、新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。

 昨日4月5日、千葉県教育委員会から、新型コロナウイルス感染症の予防のため、県立学校を臨時休校するとの発表がありました。
 本市では、市立小・中学校の再開について、感染症対策を徹底した上で明日4月7日より再開することとしていましたが、県の発表を受け、子どもたちの健康と安全を第一に考え、市内すべての小・中学校で、規模を縮小し、始業式及び入学式を行った上で、4月30日まで臨時休校することといたしました。

 休校期間が長期に亘り、児童生徒や保護者の皆様に様々な影響が考えられることから、教育委員会に対し、万全のサポート体制を取るよう要請いたしました。
 また、市内の放課後児童クラブにつきましては、一部の施設を除き、朝から開所していただくこととなりました。

 感染拡大の防止には、一人ひとりの行動が極めて重要です。引き続き、手洗いやうがいの徹底、三つの密(換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近で会話や発声をする密接場面)を避けるなど、適切に行動くださいますよう、市民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 なお、今後の感染拡大状況に変化が生じた場合には、市民の皆様の安全と安心のため、柔軟かつ迅速に対応してまいります。

令和2年4月6日

袖ケ浦市長 粕谷 智浩