ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 健康・医療 > 予防接種・感染症 > 新型コロナワクチン1・2回目接種について
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 健康・医療 > 健康づくり > 新型コロナワクチン1・2回目接種について

本文

新型コロナワクチン1・2回目接種について

印刷用ページを表示する 更新日:2022年10月18日

新型コロナワクチン1・2回目接種について

 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種についてお知らせします。

(クリックするとこのページ内の見出しにジャンプします)

1.ワクチン接種実施計画
2.ワクチン接種の実施予定
3.使用するワクチン
4.ワクチン接種できる場所
5.接種を受けるまでの流れ
6.ワクチン接種にあたっての注意事項
7.やむを得ない理由がある場合の住民票所在地以外でのワクチン接種
8.ワクチン接種の優先順位
9.ワクチン接種の対象者
10.ワクチン接種を受けることができない方
11.接種費用
12.接種にあたっての本人同意
13.新型コロナウイルスワクチン接種について知りたい
 (1)袖ケ浦市新型コロナワクチン接種予約コールセンター
 (2)接種後に副反応が起きたときは
 (3)血液をサラサラにする薬を飲まれた方へ
 (4)新型コロナワクチンに関する関連リンク
 (5)ワクチン接種に便乗した悪質商法や詐欺にご注意ください

 

1.ワクチン接種実施計画

 市では袖ケ浦市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画を作成し、ワクチン接種を推進しています。
袖ケ浦市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画初回接種分(概要版) [PDFファイル/807KB]

 

2.ワクチン接種の実施予定

ワクチン接種の予約方法等

次のリンクからご確認下さい

 新型コロナワクチン1・2回目接種の予約について(内部リンク)

 小児の新型コロナワクチン接種について(内部リンク)

 

 接種券の発送

 令和3年6月29日(火曜日)に市民の方全員に接種券を発送しました。
 令和3年6月30日(水曜日)以降に本市に転入された方には、転入の手続き後、おおむね1週間程度で本市の接種券を発送します。
 また、12歳未満の方は、12歳になる誕生日の前日になるまで接種ができないことから、毎月誕生日の前月末を目途に接種券を発送します。

 接種券がお手元に届かない場合は次の連絡先までご連絡ください。

 ・袖ケ浦市役所新型コロナウイルス対策支援室
  電話番号:0438-62-2323(平日:8時30分〜17時15分)

 

3.使用するワクチン

・モデルナ社ワクチン(モデルナ社ワクチン説明書(1・2回目接種用) [PDFファイル/823KB]

・武田社ワクチン(ノババックス)(武田社ワクチン説明書(1・2回目接種用) [PDFファイル/778KB]

 

(12歳から15歳のお子様の保護者の方用)

・モデルナ社ワクチン(モデルナ社ワクチン説明書(1・2回目接種用)(12歳から15歳の保護者の方へ) [PDFファイル/894KB])

・武田社ワクチン(ノババックス)(武田社ワクチン説明書(1・2回目接種用)(12歳から15歳の保護者の方へ) [PDFファイル/854KB])

 

4.ワクチン接種できる場所

個別接種

市内の協力医療機関で接種を実施します。
協力医療機関の一覧は次の表のとおりです。

接種の予約は協力医療機関ではできません。
※現在、公共施設等での集団接種は実施していません。

協力医療機関名 所在地 使用するワクチン
モデルナ社 武田社
(ノババックス)

※五十音順

袖ケ浦医院 奈良輪1-8-8  
山口医院 奈良輪535-1  
(16歳以上)

 

5.接種を受けるまでの流れ

 1.ワクチン接種を受けるには、予約が必要です。予約には、接種券に記載された10桁の接種券番号が必要になりますので、ご確認ください

 2.現在、受付をしている、または今後受付を開始する接種会場・接種日を確認し、接種会場・接種日を決めます。
  ※1回目のワクチン接種日の一定間隔後(モデルナ4週間、ノババックス3週間)、同じ会場・同じ時間で、2回目のワクチン接種を行います。
    2回目の予約は不要です。1回目の接種終了後、2回目の接種の案内をします。
   必ず2回目のワクチン接種日の予定を確認のうえで1回目のワクチン接種の予約をお願いします。
   
原則として、自己都合による2回目の接種日・接種会場・接種時間の変更はできません。
    また、やむを得ない事情により変更する場合においても、必ずしも希望する日に変更できるわけではありません。

 3.接種予約専用ホームページ(Web予約)、又は接種予約専用コールセンター(電話予約)で予約ができます。
   ※接種予約は、協力医療機関ではできません。

 4.接種日当日に体調が悪い場合は、ワクチン接種をすることができません。体調にお気を付けください。また、やむを得ず体調不良等により、接種をキャンセルする場合は、必ずご連絡ください。

 【キャンセル時の連絡先】
  (接種日前日まで)袖ケ浦市新型コロナウイルス対策支援室(電話番号:0438-62-2323)(平日:8時30分から17時15分)​
  (接種日当日)
   ・個別接種または袖ケ浦さつき台病院での集団接種の場合:接種予定の医療機関(各医療機関の診療時間内)
   ・公共施設での集団接種の場合
    (平日)袖ケ浦市新型コロナウイルス対策支援室(電話番号:0438-62-2323)(8時30分から17時15分、夜間接種の場合は接種予約時間まで)
    (休日)​袖ケ浦市役所(9時から17時、夜間接種の場合は接種予約時間まで​​)

 5.接種会場で、ワクチン接種をします。
   ※混雑緩和のため、予約した受付時間内に接種会場にお越しください。
   ※予約した受付時間に遅れた場合、ワクチンの品質管理上、ワクチン接種ができない場合があります。
   ※予約した受付時間より早く到着した場合、接種会場によっては施設内に待合スペースがない会場もあり、施設外でお待ちいただく場合があります。

 

予約方法

 接種予約専用ホームページ(Web予約)

接種予約専用ホームページ

 〇接種予約専用ホームページアドレス:https://www.covid19-vaccine.mrso.jp/122297/VisitNumbers/visitnoAuth/

 〇接種予約専用ホームページ操作マニュアル [PDFファイル/809KB]

接種予約専用コールセンター(電話予約)

袖ケ浦市新型コロナワクチン接種予約コールセンター 
電話番号:043-223-7200 (平日:10時~18時)
※電話番号のかけ間違いには十分ご注意ください。
※予約開始直後は電話がつながりにくいことがあります。ご了承ください。

 

6.ワクチン接種にあたっての注意事項

・持病がある方や妊娠中の方、ワクチン接種に対して健康上の不安がある方は、接種日までに主治医に相談してください。

・ワクチン接種は、腕の上部(肩のあたり)に注射します。
 肩を出しやすい服装でお越しください。

・ワクチン接種には、市から郵送される接種券、予診票、本人確認書類(保険証やマイナンバーカードなど)が必要です。
 忘れた場合、ワクチン接種をすることができません。
 
※個別医療機関で接種する場合は、保険証を必ずお持ちください。

・接種日当日に体調が悪い場合は、ワクチン接種をすることができません。当日キャンセルする場合は、必ずご連絡ください。

 【キャンセル時の連絡先】
 (接種日前日まで)袖ケ浦市新型コロナウイルス対策支援室(電話番号:0438-62-2323)(平日:8時30分から17時15分)​
 (接種日当日)
  ・個別接種または袖ケ浦さつき台病院での集団接種の場合:接種予定の医療機関(各医療機関の診療時間内)
  ・公共施設での集団接種の場合
   (平日)袖ケ浦市新型コロナウイルス対策支援室(電話番号:0438-62-2323)(8時30分から17時15分、夜間接種の場合は接種予約時間まで)
   (休日)​袖ケ浦市役所(9時から17時、夜間接種の場合は接種予約時間まで​​)

・明らかに発熱している方、重い急性疾患にかかっている方、ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症の既往歴のある方はワクチン接種を受けることができません。
 ご自身が当てはまると思われる方は、ワクチンを受けても良いか、かかりつけ医にご相談ください。

 新型コロナワクチンについてのQ&A(厚生労働省)(外部リンク)

 

7.やむを得ない理由がある場合の住民票所在地以外でのワクチン接種

 次の方は、住民票がある市町村(住所地)以外でワクチン接種を受けることができます。
 住所地外接種を希望する方は、原則、接種を行う市町村等へ事前に届け出が必要です。

 ◆住所地以外で接種できる方◆
 ・出産のために里帰りしている妊産婦
 ・単身赴任者
 ・遠隔地へ下宿している学生
 ・ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
 ・(届出不要)入院・入所中で、住所地以外の医療機関や施設でワクチン接種を受ける方
 ・(届出不要)基礎疾患を治療中の医療機関でワクチン接種を受ける方
 ・(届出不要)災害による被害にあった者
 ・(届出不要)拘留または留置されている者、受刑者
 ・その他市町村長がやむを得ない事情があると認める者

 詳細は次のリンクからご確認ください。
  新型コロナワクチン住所地外接種について(内部リンク)

 

8.ワクチン接種の優先順位

 発症時の重症化リスク等を踏まえて国が示している優先順位に基づき、順次接種を行います。現在の優先順位は次のとおりです。ただし、ワクチンの供給量などにより、優先順位は変更する場合があります。

  1.医療従事者など
   (新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む)に直接医療を提供する施設の医療従事者など)

  2-1.65歳以上の高齢者で高齢者福祉施設の入所者及び高齢者福祉施設の従事者

  2-2.65歳以上の高齢者

  3.65歳未満の基礎疾患を有する方

  4.1~4以外の方
   (ワクチンの供給量・時期などにより、年齢で接種時期を細分化します。)

 

基礎疾患を有する方の範囲

○次の病気や状態の方で、通院・入院している方、またはBMI30以上を満たす肥満の方が基礎疾患を有する方となります。

・慢性の呼吸器の病気
・慢性の心臓病(高血圧を含む)
・慢性の腎臓病
・慢性の肝臓病(肝硬変など)
・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病、または他の病気を併発している糖尿病
・血液の病気(鉄欠乏性貧血は除く)
・免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)
・ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている。
・免疫異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
・神経疾患や神経筋疾患が原因で、身体の機能が衰えた状態(呼吸障害など)
・染色体異常
・重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害が重複した状態)
・睡眠時無呼吸症候群
・重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)
・知的障害(療育手帳を所持している場合)

○基準(BMI30以上)を満たす肥満の方
 ※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
 ※BMI30の目安:身長170cmで体重87kg、身長160cmで体重77kg

 

9.ワクチン接種の対象者

 原則として、袖ケ浦市に住民票がある12歳以上の方が対象となります。

 

10.ワクチン接種を受けることができない方

 次の事項に該当する方は、ワクチン接種を受けることができません。
 該当すると思われる場合は、かかりつけの医療機関などにご相談ください。
 ・37.5℃以上の発熱、または37.5℃を下回っていても平熱と比べて発熱と判断される方
 ・重い急性疾患にかかっている方
 ・本ワクチンの成分に対し、重度過敏症の既往歴がある人(アナフィラキシーや、全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下などのアナフィラキシーを疑わせる複数の症状など)

 

11.接種費用

 現在供給されているワクチンは、1人2回接種するワクチンです。

 2回とも無料でワクチン接種を受けることができます。

 

12.接種にあたっての本人同意

 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種は、強制ではありません。
 接種を受ける方の同意がある場合に限り、接種を行います。

 

13.新型コロナウイルスワクチン接種について知りたい

(1)袖ケ浦市新型コロナワクチン接種予約コールセンター

 令和3年3月15日に開設しました。
 公共施設の集団接種と医療機関でのワクチン接種の予約を受け付けます。

 ・袖ケ浦市新型コロナワクチン接種予約コールセンター
  Tel 043-223-7200 (平日10時~18時)
  ※電話番号のかけ間違いには十分ご注意ください。

 ・袖ケ浦市新型コロナワクチン接種予約サイト(外部リンク)

 

(2)接種後に副反応が起きたときは 

 副反応があった場合の問合せ先は、次のとおりです。
 帰宅後の症状が重篤な場合は、すぐに119番に電話し救急車を呼ぶなどして医療機関を受診してください。

 接種後に副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起きたときは予防接種健康被害救済制度があります。
 一般的に、ワクチン接種では副反応による健康被害が極めて稀ではあるもののなくすことができないことから、救済制度が設けられているものです。

 予防接種法に基づく予防接種を受けた方の体に麻痺等の障害が残るなどの健康被害が生じた場合、厚生労働大臣が認定したときに給付が受けられます。

 新型コロナワクチン接種でも、体に障害が残ったりするなどの健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

 申請にあたっては、受領証明書等の書類の提出が必要になりますので、必要となる手続きについては、予防接種を受けた市町村へご相談ください。

  予防接種による健康被害救済制度(内部リンク)
 

■副反応についての問い合わせ・相談先
 ・千葉県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口(毎日24時間)
  電話番号:03-6412-9326
  ※ファックスによる相談方法は次のホームページからご確認ください。
    千葉県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口について(外部リンク)

 ・ 厚生労働省 新型コロナワクチンコールセンター(毎日9時00分〜21時00分)
  電話番号:0120-761-770(フリーダイヤル)

 ・袖ケ浦市 新型コロナウイルス対策支援室(平日8時30分〜17時15分)
  電話番号:0438-62-2323

■厚生労働省Q&A
  厚生労働省ホームページ(ワクチンの安全性と副反応)(外部リンク)

  厚生労働省ホームページ(副反応による健康被害が起きた場合の補償はどうなっていますか)(外部リンク)  

 

(3)血液をサラサラにする薬を飲まれている方へ

 飲んでいるお薬によっては、出血すると止まりにくいことがあるので、予診票でお薬の種類をおたずねしています。
 ワクチン接種を受けることはできますが、接種後の出血に注意が必要です。

 対象となるお薬は抗凝固薬で不整脈、血栓症、心臓の手術後の方に処方されることが多いお薬です。
 詳細は次のパンフレットからご確ください。
 血液をサラサラにする薬を飲まれている方へ [PDFファイル/544KB]

 

(4)新型コロナワクチンに関する関連リンク

新型コロナワクチンについて(厚生労働省)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html (外部リンク)

新型コロナワクチンについてのQ&A(厚生労働省)
 https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/ (外部リンク)

新型コロナワクチンについて(首相官邸)
 http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html (外部リンク)

 

(5)ワクチン接種に便乗した悪質商法や詐欺にご注意ください

 新型コロナウイルスワクチンの接種に関して、市及び委託先の機関が金銭やATMの操作、銀行口座情報を要求することはありません。
 不審な電話や訪問があったときは、すぐに110番または最寄りの警察署にご相談ください。

便乗悪質商法の注意喚起!(消費者庁)
 https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/notice/efforts_002.html (外部リンク)

新型コロナウイルスのワクチン接種を口実にした消費者トラブル(国民生活センター)
 
http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/coronavirus.html (外部リンク)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)